2018年01月04日

箱根駅伝、青山学院大が4連覇

第94回箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)は、復路で東洋大学を抜いた青山学院大学が4年連続4回目の優勝を果たした。出雲駅伝、全日本大学駅伝で優勝を逃したものの、復路は他を寄せ付けず圧倒した。層の厚さを見せつけた。
往路優勝の東洋大学は、2位。3位に早稲田大学が入った。
そして、今回はシード権争いが熾烈になり、城西大学、拓殖大学、帝京大学がシード復帰。順天堂大学、駒澤大学、神奈川大学がシード権を失った。優勝経験のある3校がシード権をとれなかったことで、次回の予選会はかなり厳しいものになるだろう。
他にシード権を獲得した大学は、日本体育大学、東海大学、法政大学、中央学院大学。
それにしても、青山学院大学の独走はともかく、シード権争いがこんなに楽しめる大会も久々のような気がした。来年はどんな大会になるか楽しみになりました。

posted by 新快晴 at 23:17| Comment(0) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

箱根駅伝、東洋大が4年ぶりに往路優勝

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

正月の風物詩の一つになった箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)が1月2日に行われ、東洋大学が4年ぶりに往路優勝を果たした。4連覇を狙う青山学院大学は36秒差の2位に終わったものの、総合優勝には十分射程圏内に入ることはできた。
出雲駅伝王者の東海大学は、出遅れが響き、9位。全日本大学駅伝優勝の神奈川大学は5区で失速し、13位に沈んだ。両校とも優勝どころかシード権争いに巻き込まれてしまった。
今回は、優勝争いよりも、シード権争いが激しくなり、面白い展開になってきた。
復路も楽しみである。
posted by 新快晴 at 22:37| Comment(0) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

将棋の藤井聡太四段が28連勝

将棋の中学生棋士・藤井聡太四段がプロデビューから28連勝を達成した。これまでの歴代最多連勝記録である神谷広志八段の記録に並んだ。
史上最年少プロ棋士デビューとなった藤井四段。将棋界だけでなく、世間一般でも話題になっている。日本将棋連盟は、ここぞとばかりにPRしまくっている。
どういう形であれ、将棋に関心を持ってくれることは悪くない。

ただ、騒ぎすぎのような気もする。連勝はすごいことではあるのだが、棋戦の優勝やタイトルを取らないと、一流とはいえない。これからが大変だとは思う。

一方で、これまでの最年少記録だった加藤一二三九段が規定により現役を引退した。77歳まで現役は、最年長記録。これもすごいですね。
まだ、ご本人はやれるという気持ちはあると思うが、お疲れ様でした。
posted by 新快晴 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁&将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

タイガース連勝で、3年ぶりに貯金10

阪神タイガースが横浜DeNAベイスターズに4−2で勝ち、ベイスターズに連勝。3年ぶりに貯金を2桁に乗せた。1回裏に、藤波が2失点。しかし、2回表にタイガースが反撃し同点に追いつく。その後は藤波と今永の投手戦になり追加点を許さなかった。しかし、9回に福留のタイムリーヒットで勝ち越した。
お互い課題の残る試合だったが、勝ったので良しとします。

好調のまま甲子園に戻るタイガース。交流戦まで首位をキープしましょう。


posted by 新快晴 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(4) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

タイガース6連勝!秋山が7年ぶりにジャイアンツ戦勝利

阪神タイガースが読売ジャイアンツに4−2で勝ち、6連勝。これまで3試合連続完封勝利中だったジャイアンツのエース・菅野投手に勝ったのは大きい。秋山投手は7回2失点で今季2勝目。秋山はルーキーイヤーの2010年にジャイアンツ戦初勝利から7年ぶりの勝利となった。
1回に糸井のタイムリーで先制。3回に福留の2ランホームラン。打線もクリーンアップが活躍したので、理想的な勝ち方でした。
今回は2連戦。7連勝に期待!
posted by 新快晴 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(2) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

はんしん5れんしょう!ひろしまを3たて。

甲子園での阪神タイガース−広島東洋カープの3連戦。能見が今季初勝利。カープに6−0で勝ち、カープに3連勝。チームも5連勝して、首位キープ。首位攻防戦を最高の形で締めくくった。
今日は安心して見られましたね。

リアル「ファミスタ」のようなひらがなのスコアボード。わりとよかったなあ。機会があればまたやって下さい。
posted by 新快晴 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(2) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

はんしんしゅいふじょう!9てんさをひっくりがえす

甲子園球場での阪神タイガースー広島東洋カープの3連戦。こどもの日にちなんで本日もスコアボードの選手名はひらがな(外国人はカタカナ)で表記されていた。
タイガース先発は、初登板の福永。だが、制球に苦しみ、失点を重ねる。いい球投げていたけど、ストライクとボールの差がはっきりしていたような気がする。今後の課題ですね。
5回表まで9−0でカープのリード。これで勝負ありかと思われた。
しかし、5回裏に1点返したのをきっかけにタイガース打線が猛反撃。6回には先発の岡田を引きずり下ろし、交代する投手陣を攻略。6回に一気に7得点を挙げ1点差。そして7回に鳥谷のセカンドゴロのエラーの間に、江越がホームに突っ込みセーフの判定。しかし、ビデオ判定の結果、アウトになり同点にはならなかった。しかし、ここで終わらず、糸谷が同点タイムリーヒットで同点。さらに、梅野が勝ち越しタイムリーで逆転。
9点差をひっくり返して、12−9でタイガースが勝利した。
9点差からの逆転は球団初。
劇的な逆転劇だった。

これで、ゲーム差はないが勝率の差でタイガースが首位浮上。
気分はいいのだが、正直、首位攻防にふさわしい試合とはいえないなあ。
勝ったから良かったものの、負けた方はたまったもんじゃない。
明日は、いいゲームで勝ってください。
posted by 新快晴 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(2) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

はんしんがひろしまにぎゃくてんしょうり

こどもの日にちなんで、甲子園球場ではスコアボードの選手表記がひらがな(外国人はカタカナ)になった。なかなか面白い試みである。あえていうなら、外国人選手もひらがなにしてくれたら良かったのに。
それはともかく、メッセンジャーが5回を投げ抜いたものの4失点。しかし、打線が終盤に猛反撃。7回に一気に5得点。
8−5で阪神タイガースが広島東洋カープに勝ち、首位広島とのゲーム差を1に縮めた。

posted by 新快晴 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

鳥谷1766試合連続出場を白星で飾る

阪神タイガースの鳥谷敬内野手が、阪神タイガースの金本知憲監督の持つ歴代2位の1776試合連続出場記録に並んだ。
そして、ナゴヤドームで行われた阪神タイガースー中日ドラゴンズの試合は3-1で勝ち、記録に花を添えた。
もどかしさもあったが、岩貞投手は今季初勝利。
タイガースが勝ったのは良かった。好調のカープになんとか食らいつきたいところ。
むしろ、ドラゴンズがかなり深刻。敵ながら心配になりますなあ。

この際、名古屋で3タテと行きましょう。
posted by 新快晴 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

ホーム(京セラドーム大阪)で今季初勝利

阪神タイガースが、糸井の3ランホームランなどで東京ヤクルトスワローズに4-1で勝ち、連敗を3で止めた。そして、2017年のホームゲーム(京セラドーム大阪)で、初勝利を挙げた。
投手戦となり、いい試合だったと思う。
秋山が好投していただけに、勝ち星をつけてあげたかったけど、チーム事情が良くないだけに仕方がない。
とりあえず、勝率5割復帰で甲子園へ戻りたい。
ただ、天気予報は雨やけど。
posted by 新快晴 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(2) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。