2014年10月20日

ホークスが、CS最終戦で日本シリーズ進出決める。

パ・リーグのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第6戦。福岡ソフトバンクホークスが、北海道日本ハムファイターズを4−1で下した。通算成績4勝(1勝アドバンテージ含む)3敗で、クライマックスシリーズ優勝を果たした。

ファイターズも9回に粘ったのだが、あと一歩及ばなかった。
でも、3位のチームが、最終戦まで戦ったのはすごいと思います。最終船まで行っただけでも、十分盛り上げてくれたと思います。
どっちが勝ってもおかしくなかったですね。

セ・リーグと違い、こちらは試合が終わればノーサイド。今年で勇退するホークスの秋山監督の胴上げ。その後、両軍から今年引退するファイターズの稲葉、金子両選手の胴上げ。最後は感動的でした。

これで、日本シリーズは阪神タイガース−福岡ソフトバンクホークスの対戦となる。
両者の対戦は2003年に、当時の福岡ダイエーホークスが4勝3敗で日本一になって以来となる。
タイガースにとっては、雪辱となるシリーズとなる。

タイガースはリーグ2位。ホークスはリーグ1位。
普通に考えれば、負けて元々。
それでも、巨人の4連戦のようにはいかないかもしれないが、日本一を期待します。

25日からの甲子園での日本シリーズが今から楽しみです。

posted by 新快晴 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする