2014年10月25日

タイガース先勝!ゴメス&マートンで5打点

日本シリーズが甲子園球場で開幕した。阪神タイガースの先発はメッセンジャー。福岡ソフトバンクホークスの先発は昨年までタイガースにいたスタンリッジ。史上初の外国人投手同士の対戦となった。
投手戦となると思われたが、4回にゴメスが先制タームリーヒット。そして、5回に大和のヒットから、メッセンジャーがスリーバントを決めて、2塁にランナーを進める。その後満塁になり、再びゴメスがタイムリー2塁打で2点追加。さらにマートンも続いてタイムリー2塁打で2点。ホークスのスタンリッジを引きずり下ろした。さらに、福留がタイムリーで1点追加。投手戦の様相を示していた試合展開で6点は大きかった。
メッセンジャーは、5回まで無得点。6回に1アウト満塁のピンチを迎えたが、4番イ・デホの犠牲フライの1点にとどめた。
これが試合の分岐点だったと思う。
メッセンジャーは7回2失点で降板。8回に福原、9回にオ・スンファンがきっちり抑えた。

6−2で阪神タイガース福岡ソフトバンクホークスを下し、幸先良いスタートを切った。

クリーンアップの差+6番打者の差が勝敗を分けたような気がします。
ファンでなくとも、リーグ最多安打のホークス・中村晃の不振が気になります。

タイガースの良いところばかりでた試合だったが、まだ始まったばかり。

和田監督は、「常に初戦のつもり」「明日勝って5分」と言うことなので、ファンが心配するほどではないと思う。
明日も勝って、2連勝で福岡へ乗り込みたいですね。
posted by 新快晴 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(4) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする