2014年10月26日

ホークスが勝ち1勝1敗のタイに

日本シリーズ第2戦。福岡ソフトバンクホークス阪神タイガースに2−1で勝ち、1勝1敗のタイになった。
タイガースの能見は、1回にいきなり1失点を喫した。4回には、4番のイ・デホにソロホームランを喫した。しかし、6回まで2失点で食い止めた。もっと失点するのではないかと思っていたので、良く投げたと思う。
ホークスの武田が6回2アウトまで、タイガース打線をパーフェクト。完全試合達成かと思われたが、能見の代打・狩野がヒット。そして、西岡も2ベースヒットを放ち、狩野がホームに返り、1点を返す。しかし、その後はヒットは出るものの、ホークスの継投に抑えられた。

タイガースは負けましたけど、悲観するほどの試合内容ではなかったと思う。
武田が素晴らしかった。セ・リーグにはいないタイプの投手だったようで、やりにくかったように見えた。それでも1点取れたので、結果的には接戦に持ち込んだと思う。
また、高宮、安藤、松田の中継ぎ陣が良かったし、ルーキーの梅野捕手が日本シリーズデビューを果たしたのは収穫だったと思う。

もっとも、ホークス相手に4勝0敗で、タイガースが優勝できるとは思っていないので今回の負けは気にしていない。

第3戦は福岡・ヤフオクスタジアム。
DH制を導入することになるが、タイガースは誰をDHにするか注目。

少なくとも、甲子園に帰ってきてください。
くれぐれも、福岡で終わることのないように。


posted by 新快晴 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(2) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。