2014年10月29日

ホークスがサヨナラ勝ちで、優勝へあと1勝

日本シリーズ第4戦。福岡ソフトバンクホークスが阪神タイガースに5−2で勝ち、対戦成績を3勝1敗として、優勝に王手をかけた。
1回にホークスが2点先制したが、3回にタイガースが同点に追いついた。その後は、投手戦となり、点が入らなかった。
お互いにチャンスはあったのだが、点を取り損なっている展開だった。
シリーズ初の延長戦に入り、10回表にホークスの守護神・サファテを攻めタイガースが1アウト2塁のチャンスを掴む。そして、鳥谷がヒットを放つが、2塁ランナーの西岡がホームに帰れなかった。4番のゴメスにチャンスが巡ってきたが、ダブルプレーに終わった。
10回裏、9回に引き続き安藤が投げたが、1アウト1,2塁のピンチを招く。ここで、タイガースも守護神・呉昇桓が登板。2アウト後、中村晃に3ランホームランを浴びて、サヨナラ負け。

呉昇桓が打たれたのなら仕方がないのだが、得点圏に点を奪えなかったのが痛い。
互角の戦いだっただけに、サファテを攻略しかけていただけに、この負けは痛い。

結果的に、タイガースは追い込まれたわけだが、内容自体は悪いとは思わない。ただ、CSシリーズの巨人戦とは勝手が違い、ホークスは投手力が格段に違う。

カド番に追い込まれ、もう後がなくなったタイガース。
でも、まだ終わっていない。
絶対勝って、甲子園に戻りましょう。
posted by 新快晴 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする