2014年11月30日

ガンバ大阪が首位浮上、セレッソ大阪はJ2降格

ガンバ大阪がついにJ1リーグの首位に立った。
万博で、ガンバ大阪はヴィッセル神戸と対戦。開始当初は神戸ペースだったが、しだいに流れはガンバへ。宇佐見とパトリックのゴールで、前半は2−0。後半に宇佐見が追加点。結局、3−1でガンバ大阪が勝ち、勝ち点を62に伸ばした。
天皇杯の勢いをそのまま維持し、快勝だった。

一方、
首位の浦和レッズは、アウエーでサガン鳥栖と対戦。終了間際に浦和が追いつかれ、1−1の引き分け。浦和も勝ち点62だが、得失点差で、ガンバ大阪が今季初の首位に踊り出た!

鳥栖は、引き分けになったことで、優勝の可能性は潰えた。

セレッソ大阪は、鹿島アントラーズとホームで対戦。鹿島が4−1で勝ち、鹿島は3位で郵送の可能性を残した。そして、セレッソ大阪は17位が確定し、J2降格が決まった。セレッソは大型補強を行い、開幕前は優勝候補と称されていたが、戦術がうまく機能せず、低迷していた。
3度目のJ2降格であるが、再起を期待したい。

ついにガンバ大阪が首位。最終戦はアウエーで最下位の徳島ヴォルティス。徳島は今季ホーム未勝利だが、油断は出来ない。
J1復帰1年目で、リーグ制覇、三冠獲得の期待がかかる。

楽しみですなあ。
期待してええんやろか!?

posted by 新快晴 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。