2014年12月14日

ガンバ大阪が天皇杯優勝、三冠達成!

今回は元日決戦でなかった天皇杯。ガンバ大阪がモンテディオ山形に3−1で勝ち、5年ぶりの優勝を果たした。
ガンバ大阪は、リーグ杯(ナビスコ杯)、J1リーグも優勝しており、2014年のタイトルを総取りする三冠達成となった。

山形もJ1復帰を果たし、勢いのあるチーム。
それだけに、結果はともかく良い試合だったと思う。

三冠達成は2000年の鹿島アントラーズ以来2チーム目。
まさに快挙であるし、そうできるものではない。まして、ガンバ大阪は昨年J2にいたのだから信じられない。

おめでとうございます! 
posted by 新快晴 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

ガンバ大阪がリーグ優勝、二冠達成!

2014年のJ1リーグ最終節。ガンバ大阪が9年ぶり2度目のリーグ優勝に輝いた。
ガンバ大阪はアウエーで、リーグ最下位の徳島ヴォルティスに0−0の引き分け。徳島も意地を見せ、わりと攻撃的なサッカーを魅せた。やはり、優勝へのプレッシャーがかかっていたのか。

だが、2位の浦和レッズは、勝てば優勝の可能性があったが、ホームで名古屋グランパスに1−2で逆転負け。
3位の鹿島アントラーズも、ホームでサガン鳥栖に0−1で敗れた。

このため、ガンバ大阪が勝ち点63で優勝を決めた。

これでガンバ大阪は、Jリーグ杯(ナビスコ杯)に次ぐ二冠達成。

後は、天皇杯をかけて13日にモンテディオ山形と対戦する。

山形はJ1復帰を果たし、絶好調。
ガンバも調子が良いので、いい試合になると思います。

鹿島に次ぐ、三冠制覇、楽しみにしてます。

posted by 新快晴 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月02日

囲碁の呉清源死去。享年100

昭和の囲碁会をリードし、引退後も囲碁の発展と普及、研究を重ねてきた呉清源(九段)が11月30日に亡くなられた。100歳だった。
1928年に中国から来日し翌年、飛び付け三段でプロデビュー。十番碁で、多くの強い棋士相手に圧倒。また、新布石という斬新な碁を打ち、昭和の囲碁会を変えた。

1984年に引退。引退後も、「21世紀の布石」と称し、囲碁の研究に励んでいた。

もちろん、囲碁を知っている人なら誰でも知っているが、私が囲碁を覚えたときはちょうど引退された年だったので、実感はない。ただ、現代の布石は呉清源の呉が起訴になっていると言っても過言ではない。

今年、ちょうど100歳になったばかりで、まだ元気だっただけに残念です。

さらに、呉清源は「囲碁は世界平和につながる」と語っていた。
実際、囲碁を通じて性別、年齢、国籍問わず、仲良くなれます(余程無礼でない限りは)。

ご冥福をお祈りします。
posted by 新快晴 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁&将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。