2015年12月20日

バルセロナがクラブ世界一

3年ぶりの日本開催となったFIFAクラブワールドカップ。
決勝は、ヨーロッパ王者のFCバルセロナが、南米王者のリバープレートに3−0で勝ち優勝した。
大会最多の3度目の優勝である。

メッシ、スアレスが大活躍。ネイマールも出場し、素晴らしいプレーをしたが、怪我の影響もあって途中交代した。
スター軍団が本領発揮した。まさに、バルセロナの強さが目立った試合だった。
posted by 新快晴 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする