2008年10月11日

bjリーグ開幕、大阪エベッサ、滋賀に辛勝

2008−2009年のプロバスケットボールリーグ、bjリーグが開幕した。
今年で4年目を迎える日本のプロバスケットボールであるが、今季から新たに浜松・東三河フェニックス(静岡)と滋賀レイクスターズの2チームが加わり、12チームに増えた。

3連覇中の大阪エベッサは開幕戦で、新規参入の滋賀レイクスターズとアウエーで対戦。滋賀県にとって、初のプロスポーツチームということで、会場の県立体育館(大津市)には約2500人が詰めかけた。

試合は、初陣とは思えないほど滋賀が大健闘。大阪は昨年と大幅にメンバーが替わったこともあり、連携に若干難があった。それでも、やはり3連覇の強豪と先輩の意地を見せて、81対78で辛うじて逃げ切った。

GAORAで生中継されていたので、久しぶりにテレビでバスケット観戦した。

なお、bjリーグは東西各6チームずつに別れてのカンファレンス制。各カンファレンス4チームによる準決勝を経て、各2チームずつで決勝トーナメントを行う。

4連覇めざせ!大阪エベッサ!

bjリーグ参加チーム

イースト・カンファレンス
仙台89ERS(宮城)
アルビレックス新潟BB(新潟)
富山グラウジーズ(富山)
埼玉ブロンコス(埼玉)
東京アパッチェ(東京)
浜松・東三河フェニックス(静岡)

 

ウエスト・カンファレンス
滋賀レイクスターズ(滋賀)
大阪エベッサ(大阪)
高松ファイブアローズ(香川)
ライジング福岡(福岡)
大分ヒートデビルズ(大分)
琉球ゴールデンキングス(沖縄)

posted by 新快晴 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪エベッサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック