2008年11月16日

西武アジアシリーズ優勝−日本勢4連覇

アジアシリーズ2008、決勝は日本代表の埼玉西武ライオンズと台湾(中華民国)の統一7-elevenライオンズの対戦となった。

お互いにチャンスはあったものの、8回まで0-0の緊迫した試合。9回裏に西武は佐藤のサヨナラ打で勝利。1−0で西武が優勝し、日本勢4連覇を達成した。

統一は、アジアシリーズ進出に伴い、昨年ボロ負けしたSKに雪辱した。相手チームを研究した成果が発揮された結果が、決勝戦での接戦だったと思う。

日本人コーチが、韓国や台湾にも進出してきたこともあり、着実にレベルが上昇している。西武が優勝したとはいえ、決して楽ではなかったと思う。

それよりも・・・
今年は、地上波テレビの中継なし。私自身、「今年はアジアシリーズはないのか」と思ったくらいである。これは、冠スポンサーの撤退が理由である。観客動員数は過去最低。アジアの頂点を目指すという面では意義はあると思うのだが・・・これだけ注目されないとなると、来年以降、開催できるのかどうか心配である。
韓国、台湾は気合い入っているけれど、日本は?

赤字続きで、運営が成り立たないとなると、この大会を見直す必要があるのではという気がしてくる。
posted by 新快晴 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(2) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

アジアS決勝は西武がサヨナラ制覇
Excerpt: アジアS決勝の西武VS統一は西武が1対0のサヨナラ制覇だ 西武&統一は共に投手が抑えて打線が援護しない状態が続くも 西武が9回に佐藤のサヨナラで1点を取り終止符で制覇だよ アジアシリーズ..
Weblog: スポーツ瓦版
Tracked: 2008-11-17 18:55

リボーン&金太郎&アジアS西武サヨナラ制覇
Excerpt: は敵が仲間割れも対の展開で 今回は対〜対の2バトルも は&がで激怒も微妙で 金太郎は大口の仕事も密会を取られる展開で 今回は鷹司が邪魔するもベタ流れで終わったし アジアS決勝のVS統一で1対..
Weblog: 別館ヒガシ日記
Tracked: 2008-11-17 20:17
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。