2009年10月24日

大分がJ2降格

J1残留を賭けた大分トリニータは、アウエーで京都サンガF.C.と対戦。前半6分に、高橋のゴールで先制。13分に京都に一人の退場者を出し、数的有利になった大分だったが、前半21分に京都の林がカウンターからゴール。同点に追いついた。
後半も大分は攻撃を続けたが、追加点を奪えず、1−1の引き分けに終わった。
(余談だが、大分のアウエー用のユニフォームは灰色。京都はホームだから紫。下はどちらも黒。テレビだと、区別しづらかった。何とかならなかったのか?)

大分は、残り4試合を残してJ2降格が決まった。


昨年、ナビスコカップで優勝し、九州に初のタイトルをもたらした。その勢いで、今年はリーグ優勝を狙っていたが、故障者が続出し、一時は14連敗を喫し、シャムスカ前監督を解任。ポポヴィッチ監督になったものの、チームを立て直す時間が足りなかった。J2降格は時間の問題だった。

J2降格が決まっても、悲観することはない。かつて、浦和レッズ、柏レイソル、昨年のサンフレッチェ広島などは1年でJ1に復帰している。大分にはその力は十分にあると思うし、九州最強のチームであることは間違いない。ただ、ポポヴィッチ監督は来期も指揮を執るのか?今の選手がどのくらい残留するのか?メインスポンサーだったマルハンが撤退するため、今後のスポンサーはどうなる?
今後が気になります。

優勝争いをしているガンバ大阪は、横浜Fマリノスに0−0のスコアレスドロー。攻めのガンバ、守りのFマリノスと言う持ち味を生かした展開になったが・・・そんなこと言ってる場合ではない。ガンバ大阪は優勝争いに加わってから足踏み状態。負けはしないが、ちょっと痛い。

不振だった鹿島アントラーズは、ジェフ千葉に3−0で圧勝。
アルビレックス新潟ヴィッセル神戸に0−1で敗れ、優勝争いから後退。
柏レイソルは、モンテディオ山形に0−1で敗れ、J1残留が厳しくなった。
posted by 新快晴 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(2) | Jリーグ&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

第30節ガンバは横浜ドロー痛い&他チームの結果
Excerpt: J第30節のガンバ大阪VS横浜Fマリノスは0対0ドローで ガンバはホームで痛過ぎるドローで勝点51の暫定3位だ 鹿島3ー0千葉・神戸1ー0新潟・柏0−1山形だったけど 京都1ー1大分だったけ..
Weblog: スポーツ瓦版
Tracked: 2009-10-25 09:26

U-17W杯2009開幕、日本はブラジルに惜敗/J1第30節、大分降格決定
Excerpt: まずはナイジェリアで行われているU-17、ガンバの宇佐美・サンガの宮吉・青森山田の柴崎・東京Vユースの高木善朗(元プロ野球選手の高木豊の次男坊)らがいる今回の代表はブラジル・スイス・メキシコと同じグル..
Weblog: ボヘミアンな京都住まい
Tracked: 2009-10-26 13:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。