2010年02月01日

予想外?貴乃花親方が理事”当選”

日本相撲協会の理事選挙が行われ、劣勢と思われていた貴乃花親方が予想を覆して”当選”。理事に就任した。
落選したのは、大島親方(元大関旭国)。

相撲改革のために、所属していた二所ノ関一門の反対を押し切る形で出馬。一門を離脱。そして、貴乃花親方を支持する親方6人が破門。
これまで、一門の勢力で均等に理事が決まっていたので無投票が続いていた。
そのため、貴乃花親方の支持者だけでは当選が無理とされていた。
それが、表面的には支持をしていなかった評議員(親方、立行司、力士代表)の3名が彼に投票。その結果、当選となった。

若手の中には、改革を望んでいる人が少なくないということか。
ただ、10人の理事のうち、貴乃花親方一人ではそう簡単には変えられないかもしれない。
が、頑張ってもらいたい。

最初の大きな仕事は、暴力事件で想像を起こしている”朝青龍の処分”である。
どうなるのか?気になるところではある。
posted by 新快晴 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(2) | 格闘技&大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139985882

この記事へのトラックバック

貴乃花親方、相撲協会理事に当選
Excerpt: 歴史が動く、というのは案外このようにしてなのかもしれない。 史上もっとも注目された日本相撲協会の理事選挙で、調整を拒否して立候補した貴乃花親方が、10票を獲得して初当選した。 親方支持を表明し..
Weblog: 虎哲徒然日記
Tracked: 2010-02-03 19:17

貴乃花親方が日本相撲協会理事選挙に当選!
Excerpt: 任期満了に伴う日本相撲協会の理事選挙の投票が、1日に東京・両国国技館で行われました。今回の理事選は定員10人に対し、11人の親方が立候補。中でも大相撲の改革を訴えている貴乃花親方の出馬に注目が集ま..
Weblog: 日刊魔胃蹴
Tracked: 2010-02-03 22:35