2010年03月14日

大相撲春場所初日、横綱と大関は安泰

朝青龍引退して最初の場所となった平成22年度の大相撲春場所。

良くも悪くも注目を集め、人気のあった朝青龍が引退したのが影響したのか、チケットの売れ行きは芳しくないようだ。いまだに、満席の日がないとか。

一人横綱となった白鵬、4大関はすべて白星。
普通なんだが、なんだか見てて盛り上がりに欠けるなあ。
注目は、大関を目指す把瑠都なんだが、関心は今ひとつ。

実力的には白鵬がずば抜けているから、優勝争いとなると白鵬しかいないってかんじなので、これが盛り上がらない理由の一つかもしれない。

一方、朝青龍はモンゴルで、協会批判をしたと言うことで、武蔵川理事長が引退相撲を辞めると言っているらしい。
でも、どうなんでしょう?
当然という意見が多いけど、私はちょっと賛成しかねるんですね。

それは論理のすり替えでしょう。
確かに、品格の問題はあった。でも、それを承知の上で横綱にしたのは誰やと。
25回の優勝を成し遂げ、大相撲を盛り上げた功労者には変わりない。
気に入らないからとか、批判したからと言って引退相撲取りやめるのは、大人げないですよ。

朝青龍の問題は、もう少し続きそうである。
いろんな意味で話題を振りまいてくれますねぇ・・・
posted by 新快晴 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技&大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143640745

この記事へのトラックバック