2010年03月28日

白鵬が全勝優勝!把瑠都は14勝で大関昇進へ

平成21年大相撲春場所、横綱・白鵬は千秋楽も日馬富士を下し、15戦全勝で13回目の優勝を果たした。
大関昇進のかかった関脇・把瑠都は14勝を挙げ、敢闘賞と技能賞を獲得した。
優勝決定戦を見たかった気もするが、全勝優勝した白鵬は、さすがですね。

把瑠都の大関昇進はほぼ確実。

朝青龍が引退して、白鵬の独走が続くと思われていたが、把瑠都の活躍でおもしろくなるかも。

把瑠都はエストニア出身。
母国のエストニアでも、彼の活躍は大きく取り上げられているとか。

白鵬の優勝おめでとうございます。

それにしても、日本人力士がほとんど話題にならないのが、寂しいです。
posted by 新快晴 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技&大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144936674

この記事へのトラックバック