2010年11月26日

長谷川と粟生が2階級制覇!

26日に行われたボクシングのダブルタイトルマッチ。

WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチは、挑戦者・同級2位の粟生隆寛(帝拳)が、チャンピオンのビタリ・タイベルト(ドイツ)に3−0の判定で勝ち、タイトル奪取。

WBC世界フェザー級王座決定戦では、挑戦者・同級2位の長谷川穂積(真正)が同級1位のファン・カルロス・ブルゴス(メキシコ)に3−0の判定で勝ち、タイトル奪取。

両者とも2階級制覇を成し遂げた!

KOはできなかったが、いずれも素晴らしい試合でした。
感動的でした。
相手も相当強い選手でしたし、お互いに健闘をたたえ合う姿は素晴らしかったです。

これで、日本のジムに所属する世界王者は6人となった。
posted by 新快晴 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 格闘技&大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170807179

この記事へのトラックバック

粟生、長谷川 2階級制覇
Excerpt: ボクシングW世界戦が26日、名古屋市ガイシプラザで行われ、前WBCフェザー級王者・粟生隆寛(26)=帝拳が、アテネ五輪銅メダリストの王者・ビタリ・タイベルト(28)=ドイツを3ー0の判定で破り、WBC..
Weblog: 続・今日も内角攻め!
Tracked: 2010-11-27 13:31