2011年04月01日

大相撲、八百長問題で23力士追放

日本相撲協会は、八百長問題で力士23人の引退勧告と親方17人の退職勧告または降格処分を発表した。

引退勧告を受けた力士は、今月5日までに引退届を出さないと解雇になる。
しかし、この処分に納得できない力士の大半は不服として訴訟を検討しているとか。

八百長そのものは許されることではない。
だが、今回の処分に関しては、納得がいかない。
そもそも、どんな調査が行われたのか全く分からない。しかも、これで終了なのか?
夏場所を開催させたいがために結論を急いだのか?

本当に八百長に関わっていたのなら、やむを得ないかもしれない。
しかし、処分発表後の反応を見ると、本当にやっていない力士も混じっているような気もする。
どんな調査をしたのか?

すっきりしないですね。

引退などの勧告を受けた力士は以下の通り。
(時事通信より引用)

【引退勧告】
▽幕内 徳瀬川(モンゴル、朝日山)白馬(モンゴル、陸奥)春日王(韓国、春日山)光龍(モンゴル、花籠)猛虎浪(モンゴル、立浪)琴春日(福岡、佐渡ケ嶽)
▽十両 将司(青森、入間川)豊桜(広島、陸奥)境沢(埼玉、尾上)霜鳳(新潟、時津風)旭南海(鹿児島、大島)安壮富士(青森、伊勢ケ浜)若天狼(北海道、間垣)清瀬海(愛知、北の湖)
▽幕下以下 保志光(モンゴル、八角)十文字(青森、陸奥)霧の若(熊本、陸奥)白乃波(熊本、尾上)山本山(埼玉、尾上)
【退職勧告】年寄 谷川(元小結海鵬、青森、八角)
【出場停止2年】年寄 竹縄(元幕内春日錦、千葉、春日野)▽十両 千代白鵬(熊本、九重)=引退届を受理▽幕下 恵那司(岐阜、入間川)
(力士の地位は2月28日発表の序列、かっこ内は出身、所属部屋)
posted by 新快晴 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(2) | 格闘技&大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

大相撲八百長問題 23人大量処分
Excerpt: 日本相撲協会は1日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、特別調査委員会により八百長関与を認定された23人の力士、親方に、事実上の“永久追放”となる引退勧告などの厳罰処分に科した。関与者の師匠17人も降..
Weblog: 続・今日も内角攻め!
Tracked: 2011-04-02 12:59

大相撲八百長事件で23人を事実上追放
Excerpt: 震災の発生ですっかり忘れ去られていたこの一件だが、大相撲史上でいえば前代未聞の事態となった。 八百長に関与した力士・親方に処分が下った。 【出場停止2年間】元・春日錦 ...
Weblog: 虎哲徒然日記
Tracked: 2011-04-02 22:26