2011年04月20日

誤審で流れが変わり、タイガース敗れる

甲子園での阪神タイガース−読売ジャイアンツの試合は、5−4でジャイアンツが勝ち、連敗を3で止めた。
タイガースは、首位陥落。広島東洋カープが首位に立った。

頭注まではいい試合やったんやけど、7回裏にタイガースが勝ち越し、さらにブラゼルがタイムリーヒットで追加点かと思いきや、ジャイアンツの脇谷の落球がアウトと判定。ボールをハンブルして明らかに落としていたのだが、審判は見えなかったようだ。
誤審は仕方ないかもしれないが、脇谷がダイレクトで取ったような仕草をしたため審判が信じてしまった。真弓監督の抗議も覆ることはなかった。
8回表、先頭の小笠原の内野ゴロがセーフの判定。さらに、久保田の投球がボールを判定されるなど、タイガースに不利なジャッジが続いた。そして、久保田は乱れ、勝ち越しを許した。

審判のせいで流れが変わったとは思うけど、それで負けたというのは、ちょっと違うと思う。
ジャイアンツには、勝つためのずるさがある。それに対し、今のタイガースにはそれがない。淡泊、あっさりしているというか。
ジャイアンツには、世間から批判を浴びようとぶれない強さがある。タイガースは、誤審や微妙なジャッジで、揺らいでしまった。

今日の負けは仕方がない。
気持ちを切り替えていきましょう。
posted by 新快晴 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(2) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

【2011 公式戰】 ● 阪神 4−5 讀賣 (甲子園)
Excerpt: 誤審で流れが變つてしまつた・・・
Weblog: 仙丈亭日乘
Tracked: 2011-04-21 01:19

阪神4−5読売〜審判にやられた〜
Excerpt: 昨日はもうそう言うしかない一戦だった。 幸先よく2点は先制したが、その後は打線も今一つで、スタンリッジは6回2失点とまずまずながら。 7回に読売・脇谷のエラーが絡み、 ...
Weblog: 虎哲徒然日記
Tracked: 2011-04-21 09:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。