2012年03月30日

和田新監督の初陣はドロー

2012年のプロ野球が開幕した。
阪神タイガースは、京セラドーム大阪で、横浜DeNAベイスターズと対戦。
タイガースは和田監督、ベイスターズは中畑監督とお互い新監督同士の対決となった。

1回にタイガースが先制したものの、先発の能見が踏ん張れず、4回に逆転を許す。
しかし、7回に、関本が逆転3ランを打ち勝ち越し。
ところが、9回に守護神の藤川が抑えきれず代打・ラミレスにタイムリーを打たれ、同点に追いつかれる。

10回に、1点勝ち越したベイスターズだが、今度はベイスターズの守護神の山口が踏ん張れず、柴原が犠牲フライを打って同点に追いつく。
そのまま5−5の引き分けに終わった。

勝ちきれなかったのか、負けずに済んだのか?
まあ、私は負けなくて良かったと思うようにします。
阪神ファンには不満かもしれませんが・・・。

他に、
東京ヤクルトスワローズの石川投手は、読売ジャイアンツを9回までノーヒットに抑えた。ノーヒットノーランの記録達成はならなかったが、スワローズが4−0で勝った。
北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹が1失点の完投勝利。ファイターズが埼玉西武ライオンズを9−1で勝った。
楽天イーグルスの田中将大は黒星スタート。

まだ始まったばかり、これから楽しみです。
posted by 新快晴 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

巨人、6点差守れずDeNAとドロー
Excerpt:  「巨人7‐7DeNA」(8日、宇都宮) 巨人は前半に6点をリードしたが、抑えの西村が九回に追い付かれ、痛い引き分けを喫した。 巨人は一回、坂本、阿部の適時打で2点を先制。二回には宮国のスクイズ.....
Weblog: 【2ちゃんねるまとめ風】スポーツニュース
Tracked: 2012-05-09 00:23
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。