2012年12月01日

ガンバ大阪降格!ガンバの悲劇・・・

J1リーグ最終節。
ガンバ大阪はアウエーで、ジュビロ磐田に1-2で敗れ、J2へ降格が決まった。
磐田に勝っても自力で残留を決められず、まさに背水の陣で挑んだガンバであったが、結局最後まで攻守のバランスが取れなかった。

ガンバ大阪のファンで、ずっと応援していた私にとって、最も悲しい日となってしまった。

最後まで残留を信じていたガンバファンには申し訳ないが、私は覚悟を決めていました。自力残留の可能性が消えた段階で。
昨年まで優勝を狙える常勝チームだったガンバ。油症争いのイメージはできていても残留争いのイメージはできていなかったように思う。一部の選手は替わっても、戦力的には落ちていなかったのに、こうなるとは私も予想していなかった。

西野前監督を辞めさせたのが原因かもしれないが、それだけではないと思う。西野監督は名将だが、ここ数年リーグ優勝はしていない。上位にいるだけでは満足できなくなっていた。それは分からなくもない。
だが、後任予定だった呂比須は監督のライセンスがなく、代わりのセホーン前監督と二枚指揮官ではまとまる訳なかった。

松波監督は頑張ったと思うが、まだ経験不足だったように思う。

計画性のなかったフロントの責任は大きいと思うが・・・辞めてどうなるってものでもないし。

とにかく、来年1年でJ1復帰を目指して欲しい。

ただ、J2のガンバ大阪にどれだけの主力選手が残留してくれるのか。それが心配である。
posted by 新快晴 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/304758909

この記事へのトラックバック