2013年03月18日

WBC3連覇逃す。日本、プエルトリコに敗れる。

WBCの準決勝。サンフランシスコで行われた日本プエルトリコの試合は3−1でプエルトリコが勝った。3連覇を目指した日本は準決勝で姿を消した。

先発の前田健太は1回に先制点を許すもその後は立ち直った。しかし、2番手の能見が2ランを打たれ、突き放された。一方、得点のチャンスが何度もあったが、打線がつながらずなかなか点が入らない。それでも、8回に井端がタイムリーヒットを打ち1点返した。さらに、内川がヒットを打ち、1アウト1,2塁のチャンスをつかむ。しかし、ダブルスチールの連携ミスで内川がアウト。その後は打ち取られた。

3連覇は厳しいですね。でも、山本監督を始めコーチ陣や選手達はよく頑張ってくれました。
個人的には、残念だし、内容的には満足できない点はありますが、批判は辞めておきます。
国際試合では、世界でもまれたメジャー選手の存在が大きいように感じます。
それで、メジャー選手不在でここまでこれたのは大健闘だと思います。
まあ、そんなに甘くないということですね。

胸を張って帰国して欲しいと思います。
お疲れ様でした。
posted by 新快晴 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(1) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/347720385

この記事へのトラックバック

日本1−3プエルトリコ〜痛恨、だが〜
Excerpt: どんなチームでも、勝ち続けることなどできない。 とはいえ、それを期待させるところまではもってきた。WBCでは未知の相手である、中米・プエルトリコ。 先発は満を持して前 ...
Weblog: 虎哲徒然日記
Tracked: 2013-03-19 19:51