2013年07月17日

タイガース逃げ切る。前半戦最終戦は白星。

阪神タイガース−読売ジャイアンツの甲子園での前半戦最終戦。タイガースが9−6で逃げ切り、同一カード3連敗を阻止した。
前半にタイガース打線が爆発し、ジャイアンツの宮国をKO。榎田は5回まで無失点の好投。6回に失点をするもすぐに突き放した。
6回を終えて7−1でタイガースの圧勝かと思われたが、7回に登板したメッセンジャーが大乱調。一気に5点を奪われ、1点差に追い上げられた。
しかし、その後突き放して、なんとか勝利で締めた。

勝ったから良かったけど、ミスが多いですなあ。
このカード、良い試合だったとは言えない。

まあしかし、前半終了で46勝33敗2分。
悪くないと思います。昨年は考えられなかった好成績。

和田監督采配を批判するファンがいますが、私は首位争いしている監督に向かってよう言いません。
今年は頑張ってくれてると思います。
posted by 新快晴 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/369540239

この記事へのトラックバック