2013年11月24日

グラチャンバレー、日本男子は5戦全敗で終了

バレーボールの世界大会の一つ、ワールドグランドチャンピオンズカップ(グラチャン)で日本は最終戦でアジア王者のイランと対戦。セットカウント0−3で敗れた。
日本は、5戦全敗で最下位。奪ったセットは5試合でたったの一つというさんざんな結果に終わった。

米国からゲーリー・サトウ監督を招致して挑んだ大会だったが、世界との壁を痛感した結果に終わった。

出直しですね。

優勝は、4勝1敗のブラジル。
以下、2位はロシア、3位はイタリアだった。
posted by 新快晴 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | バレーボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/381062641

この記事へのトラックバック