2013年12月23日

奨励会の里見香奈二段、女性初の三段昇段。女性初の「棋士」へあと一歩

将棋の里見香奈・奨励会二段が、三段昇段を果たした。そして、来年4月から始まる三段リーグで、上位2名に入れば四段昇段となり、女性初の”プロ”棋士になれる。
まあ、男性から見てもかなり厳しい狭き門であるが期待しています。

三段リーグを突破し、四段になれば女流という看板は取れる。つまり、男性と全く同じ待遇になり、全ての棋戦に出場できる。
女性限定の棋戦で、一員前のプロと扱われていない女流棋士。はじめて、その壁を突破できるか、これからですね。
posted by 新快晴 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁&将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック