2014年06月21日

日本、ギリシャと引き分け。決勝トーナメントに赤信号

ワールドカップ予選リーグC組。日本ギリシャと対戦し、0−0の引き分けに終わった。C組首位のコロンビアは、コートジボアールに2−1で勝ったため、コロンビアは2連勝で決勝トーナメント進出を決めた。

ギリシャの調子はいまいちで、しかも退場者が出て10人になり数的に有利になった。しかし、それでも日本はギリシャの堅い守りを崩せず、得点を奪えなかった。

それにしても、しょっぱい試合だった。
4年間築き上げてきた、ザッケローニ監督の戦術が機能していない。まるで別のチームみたいである。

2006年のドイツ大会の雰囲気とそっくりになってきた。

まだ決勝トーナメントに進出できる可能性はある。
だが、コロンビアに少なくとも2点差以上で勝つのが最低条件。さらに、コートジボアールが勝つとそれでジ・エンド。

正直、期待はしていない。
見てもおもんないので、コロンビア戦は見ないかも。
早起きまでして見ることはないですね。
posted by 新快晴 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(1) | Jリーグ&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/399923583

この記事へのトラックバック

W杯ギリシャ戦★ザックジャパン痛恨スコアレス・ドロー
Excerpt: 第20回ワールドカップ(グループC)ナタル 日本 0−0 ギリシャ 香川が先発落ち。 −◆− 前半2分。山口がペナルティエリア手前の中央からシュートを放つ。 ゴールならずとも、「今日..
Weblog: 世事熟視〜コソダチP
Tracked: 2014-06-21 10:50