2014年10月23日

ドラフト会議、タイガースは5人指名

日本シリーズの2日前の23日。ドラフト会議が行われた。
阪神タイガースは、5人を指名した。育成選手の指名はなかった。
5人という人数は、12球団で最小であった。

1位指名が競合し、抽選で2度も外したものの、結果的に悪くないと思う。
はずれ1位でも、昨年の岩貞のようにプロ初勝利の例もあるし、あとは個人の練習次第ですね。

ちなみに、タイガースも指名した有原航平(早稲田大)は4球団の競合の末、北海道日本ハムファイターズが交渉権を得た。
また、高校生期待の安樂智大(済美)は2球団の競合の末、楽天イーグルスが交渉権を得た。

さらに、京都大学初のプロ野球選手かと注目された田中栄祐(京大)は千葉ロッテマリーンズが2位指名した。

昨年入団したドラフト指名選手で、岩貞、梅野、岩崎が一軍デビューした。
今年入団する新人にも早く1軍でプレーできるように頑張ってください。

阪神タイガースが指名した選手
1位 横山 雄哉 投手(新日鉄住金鹿島)
2位 石崎  剛 投手(新日鉄住金鹿島)
3位 江越 大賀 内野手(駒大)
4位 守屋 功輝 投手(Honda鈴鹿)
5位 植田 海 内野手(近江)

posted by 新快晴 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック