2015年06月17日

交流戦、タイガース最終戦は勝利で締める。

交流戦の最終戦は、甲子園で行われた阪神タイガース−北海道日本ハムファイターズ戦。
タイガースが11−4で快勝し、岩田は完投勝利。
タイガースは最終戦を白星で飾り、交流戦の成績は10勝8敗になり、セ・リーグで唯一勝ち越した。
ファイターズは、勝つか引き分けで交流戦1位になるところだったが、敗れ2位に終わった。

今回は、パ・リーグの強さが目立ち、パ・リーグの61勝44敗3分けとセ・リーグを圧倒していた。

上位6チームの内5チームがパ・リーグ。
負け越しは、オリックスのみで、リーグでもダントツの最下位になってしまった。
幸いか不幸か、借金2でもタイガースは3リーグ位。10連敗してもベイスターズは2位。

ここから巻き返しですね。


posted by 新快晴 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/420801033

この記事へのトラックバック