2016年01月03日

青山学院大が完全総合優勝−第92回箱根駅伝

第92回東京箱根間大学駅伝競走(箱根駅伝)、青山学院大学が復路も1位になり、2年連続2回目の総合優勝を果たした。往路、復路全ての区間で一度も首位を明け渡すことのない完全優勝で、他校を圧倒した。

全日本優勝の東洋大学は2位、優勝候補の一角だった駒澤大学は3位。この2校も決して悪いレースではなかったと思うが、青山学院が遙かに上回った。

日本体育大学、順天堂大学、帝京大学がシード権復帰を果たした一方、城西大学、明治大学、大東文化大学がシード権を失った。

このまま青学時代が来るのか?
ただ、あまり強すぎると学生が走れる可能性を求めて、他校へ敬遠してしまうかもしれない。1990年代から2000年前半まで、山梨学院大、神奈川大、駒大など優勝した当時の監督が現在まで続けていても優勝できない例はある。指導だけでなく、有能な学生をどれだけ集められるかにかかっているような気がする。

まあ、数年は続きそうな気はします。

総合成績
1位 青山学院大学
2位 東洋大学
3位 駒澤大学
4位 早稲田大学
5位 東海大学
6位 順天堂大学
7位 日本体育大学
8位 山梨学院大学
9位 中央学院大学
10位 帝京大学 (以上がシード権獲得)
OP 関東学生連合
11位 日本大学
12位 城西大学
13位 神奈川大学
14位 明治大学
15位 中央大学
16位 拓殖大学
17位 東京国際大学
18位 大東文化大学
19位 法政大学
20位 上武大学
posted by 新快晴 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432065841

この記事へのトラックバック