2018年01月02日

箱根駅伝、東洋大が4年ぶりに往路優勝

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

正月の風物詩の一つになった箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)が1月2日に行われ、東洋大学が4年ぶりに往路優勝を果たした。4連覇を狙う青山学院大学は36秒差の2位に終わったものの、総合優勝には十分射程圏内に入ることはできた。
出雲駅伝王者の東海大学は、出遅れが響き、9位。全日本大学駅伝優勝の神奈川大学は5区で失速し、13位に沈んだ。両校とも優勝どころかシード権争いに巻き込まれてしまった。
今回は、優勝争いよりも、シード権争いが激しくなり、面白い展開になってきた。
復路も楽しみである。
posted by 新快晴 at 22:37| Comment(0) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。