2007年10月25日

MLBワールドシリーズ、史上初の日本人3人出場

10月25日(日本時間25日午前9時30分)、アメリカ合衆国で、メジャーリーグ(MLB)ワールドシリーズが開幕した。

アメリカンリーグ優勝のボストン・レッドソックスとナショナルリーグ優勝のコロラド・ロッキーズの対戦。レッドソックスには松坂大輔と岡島秀樹両投手、ロッキーズには松井稼頭央内野手が在籍。

ワールドシリーズの歴史で、初めて日本人在籍のチームが対戦することになった。アメリカだけでなく、日本でも注目されるシリーズとなった。

第1戦は、ボストンで行われ、レッドソックスが猛打爆発で、13対1の大勝!松井稼頭央内野手は1安打にとどまった。

大量リードでは、岡島投手の出る幕はなし。
松坂投手は第3戦に先発予定。

日本人選手の活躍に注目、期待したい!
posted by 新快晴 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 海外のスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62426378

この記事へのトラックバック

松井稼頭央
Excerpt: 000(2007年)|デ
Weblog: りこの記録
Tracked: 2007-10-26 04:58