2008年01月12日

元金メダリストのマリオン・ジョーンズさんが禁固刑

アメリカ陸上女子の金メダリストだったマリオン・ジョーンズ被告は、11日に連邦裁判所から禁固6ヶ月の実刑判決を受けた。
ジョーンズさんは、ドーピングの事実が明らかになり、本人も認めたこともあって過去の世界選手権やオリンピックで獲得したメダルを全て返還した。
厳密には、ドーピングによる罪ではなく、ドーピングを否定した偽証による罪である。

彼女はメダル剥奪による社会的制裁は既に受けていること、幼い子供の世話をしなければならない事を理由に執行猶予を求めていたが、その願いは叶わなかった。
ジョーンズ被告は、判決を受け入れる方針である。

この判決は、今後ドーピング問題に揺れるアメリカスポーツ界に大きな影響を与えるといわれる。
メジャーリーグで、最多ホームラン記録を持つボンズが、今回のジョーンズ被告と同様の偽証罪で起訴されており、裁判に影響すると思われる。


マリオン・ジョーンズ被告が返還したメダル
2000年シドニー五輪 100m、200m、1600mリレーの金、走り幅跳びの銅。
posted by 新快晴 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外のスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/78062493

この記事へのトラックバック