2008年03月13日

ACLサッカー、ガンバ大阪まさかの引き分け

アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)が開幕した。各地で1次リーグが行われた。4チーム1組のホームアンドアウェイ方式の総当たりで、各組1位のチームのみが準々決勝へ進出する。

ガンバ大阪は万博でチョンブリ(タイ)と対戦。まさかの1対1の引き分け。終始押し気味に試合を進めながらなかなか得点できず、逆にカウンターで先制点を許すという非常事態に。ロスタイムでかろうじて追いついた。
ホームで、格下のチョンブリに引き分けは負けに等しい。日本代表組と移籍組、生え抜きの控え選手などの連携が機能していないのが非常に心配ではある。

一方、鹿島アントラーズはバンコクへ飛び、クルンタイバンク(タイ)と対戦し、こちらは9対1と圧勝。1点は失ったが、9点も取ったら大満足でしょう。こちらは幸先良いスタートを切った。

なお、昨年のACL王者の浦和レッズは、準々決勝からの出場。

準々決勝に、ガンバ、アントラーズ、レッズの3チームが揃うのを楽しみにしている。だから、

ガンバ大阪・・・もっとガンバレ!
posted by 新快晴 at 11:28| Comment(0) | TrackBack(7) | ガンバ大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

2008年Jリーグ開幕。ガンバは引き分け

2008年のJリーグが開幕した。

優勝を狙うパンパシフィック王者のガンバ大阪は、ホームの万博でジェフ千葉を迎え撃った。が、試合結果は0対0のスコアレスドロー。ガンバ大阪が優位な試合運びをしていたようだが、決められなかった。
正直、ちょっとつまずいた感がある。まあ、先は長いから・・・。

昨年の覇者・鹿島アントラーズはJ1復帰を果たしたコンサドーレ札幌をホームで対戦。4対0と圧勝だった。

そして、アジアチャンピオンの浦和レッズは、アウエーで横浜F・マリノスに0対1の不覚をとってしまった。
まあ、先は長いから・・・。

J2リーグも開幕した。今期から、1チーム増えて15チームによる3試合制で行われることになった。
まあ、先は長いから・・・。
posted by 新快晴 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(15) | ガンバ大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

ガンバ大阪がパンパシフィック初代王者に君臨

ハワイで行われた日本、オーストラリア、米国の3カ国による環太平洋(パンパシフィック)選手権。
日本代表のガンバ大阪は、米国MSL王者のヒューストン・ダイナモと対戦した。

ガンバ大阪は、遠藤、播戸、加地、安田ら日本代表とU-23日本代表を7人も欠く主力メンバーとは到底言えない状態だった。それが、先制点を許してから大爆発!バレーが4得点。FC東京から移籍したルーカス、新加入の山崎も得点を挙げ計6得点。

結果、6対1でガンバ大阪がヒューストンに大勝。

決勝戦で思わぬ大差がついた。
ヒューストンは調整不足だったとはいえ、アメリカ最強のチーム。その相手に勝ったことは大きい。そして、パンパシフィック選手権は今回が第1回。栄えある初代王者に君臨した。

浦和レッズのAFCアジアクラブ選手権に続く、日本のクラブチームの国際大会優勝。

ガンバ大阪、パンパシフィック初代王者!

うーん、いい響きだなあ!めでたい、めでたい!!
posted by 新快晴 at 21:47| Comment(2) | TrackBack(5) | ガンバ大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

ガンバ大阪、ベッカムのギャラクシーに勝利

ハワイで開催されている日本、オーストラリア、アメリカ合衆国の4クラブによるサッカーの環太平洋選手権。日本からは、昨年のナビスコカップ王者のガンバ大阪が出場。

1回戦2試合が行われ、我がガンバ大阪(日本・Jリーグ)は、あのベッカムが所属するロサンゼルス・ギャラクシー(米国・MSL)に1対0で勝利した。
前半3分に、バレーのシュートでガンバが先制。その後追加点は奪えなかったが、ギャラクシーの攻撃をしのぎきった。

決勝は、ガンバ大阪はシドニーFC(オーストラリアAリーグ)を破ったヒューストン・ダイナモ(MSL)と対戦。

ガンバ大阪、念願の国際戦のタイトルまであと1勝

応援してます。
posted by 新快晴 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(1) | ガンバ大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

天皇杯、ガンバ大阪が4強進出!

第87回天皇杯の準々決勝が行われた。

ガンバ大阪は、セレッソ大阪の本拠地・長居で清水エスパルスと対戦。雨天の中、延長戦にもつれ込み、途中出場の寺田選手が値千金のゴールを決めた。1対0でガンバ大阪の勝利。ガンバ大阪は、長居での天皇杯は3戦全敗。その縁起の悪い長居での試合を制し、準決勝に進んだ。
まあ、PK戦にもつれなくて良かったし、勝ったから試合内容はどうこう言うつもりはない。
優勝まで、あと2勝である。

もう一試合、
鹿島アントラーズとJFLのホンダFCとの試合も延長戦にもつれ込んだ末、鹿島アントラーズが1対0で勝利した。これは、鹿島が不甲斐なかったのではなく、ホンダFCの健闘を誉めるべきでしょう。

残りの2試合は、明日23日に行われる。
posted by 新快晴 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(6) | ガンバ大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

天皇杯G大阪が快勝&京都J1復帰

サッカー天皇杯全日本選手権の5回戦が、7試合行われた。

ガンバ大阪大分に3対1で快勝。久々に3点も取れたんだから、ファンとしては満足である。テレビの生中継がなかったのが不満と言えば不満。

J2の愛媛横浜FCを破る殊勲。前回に引き続きJ1勢に勝った。JFLのホンダ(静岡)は名古屋に2対0で破る番狂わせ。名古屋はいつだったか忘れたが、アマチュアのチームに負けたことがある。名古屋にとって、天皇杯は鬼門なのか?

試合結果・・・左が勝ち
ガンバ大阪 3−1 大分トリニータ 
愛媛FC(J2) 2−1 横浜FC 
清水エスパルス 5−3 横浜F・マリノス 
FC東京 2−1 サガン鳥栖 
川崎フロンターレ 3−0 ヴィッセル神戸 
ホンダFC(JFL) 2−0 名古屋グランパスエイト 
鹿島アントラーズ 2−1 ヴァンフォーレ甲府 
サンフレッチェ広島とジュビロ磐田の試合は15日に行われる。

そして、Jリーグの入れ替え戦が広島ビッグアーチで行われ、0対0のスコアレスドローに終わり、前回2−1で勝利していた京都サンガFCがJ1復帰を決めた。サンフレッチェ広島は2002年以来のJ2降格となった。
関西にJ1のチームが一つ戻った。京都の復帰は関西のサッカー発展のためにも、まずはめでたい。
一方で、日本代表、五輪代表を何人も輩出している広島のJ2降格は正直意外だった。
posted by 新快晴 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(17) | ガンバ大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

ガンバ終戦、マグノアウベス解雇へ

J1リーグ第33節の9試合が行われた。

ガンバ大阪神戸に1対1で引き分けた。前半40分に安田の左クロスから二川が頭で折り返し、播戸がシュートを決めて先制点を挙げた。が、後半ロスタイムに同点に追いつかれた。最終戦に勝っても首位の浦和に勝ち点で追いつかないため、ガンバ大阪の優勝はなくなった。残念やけど、選手達はよく頑張ったと思う。

そして、ガンバ大阪はマグノアウベス選手を23日付で解雇した。マグノアウベスは無断で練習を欠席して、サウジアラビアのアルイテハドと移籍交渉した契約条項違反によるもの。残念やけど、解雇は仕方ない。ガンバ大阪にとって重要な戦力を失うのは痛いが、契約違反は許されない。これを認めたら、チームの統率が効かなくなるし、結果を出せば何やってもいいという悪しき前例を作ってしまう。うーん、多少今日の試合に影響したのかなぁ。

首位の浦和鹿島に0対1で敗れ、優勝は最終戦に持ち込まれた。鹿島は8連勝で、一気に首位浦和に勝ち点の差を1に詰めた。これで、鹿島も、浦和、ガンバ大阪に続いて、来期のアジアチャンピオンズリーグに出場することが決まった。

そして、甲府に敗れ、17位が確定。J2陥落が決まった。得点力だったバレーが抜けたのが、最後まで響いたと思う(ガンバ大阪にとっては良かったけれど)。入れ替え戦争いは、15位の大宮と16位の広島に絞られた。勝ち点3の差があるので、大宮が有利になった。
posted by 新快晴 at 23:18| Comment(2) | TrackBack(9) | ガンバ大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

ガンバ大阪踏みとどまる。J1リーグ第31節

11月10日と11日に行われたJリーグ、ガンバ大阪ジェフ千葉に2対0で快勝!優勝争いに踏みとどまった。珍しく地上波(NHK)で生中継があったが、私用のため観戦できず・・・。

浦和レッズは、川崎フロンターレに1対1の引き分け。という訳で、浦和の優勝は次節に持ち越し。ただ、ガンバ大阪と勝ち点5の差があるので、以前ガンバが苦しいことには違いない。だが、サポーターも選手達も、まだ諦めてはいない。ガンバは残り全て勝つしかないが、きっとやってくれると信じている

その他の関西勢、
ヴィッセル神戸は残留確定。
セレッソ大阪と京都サンガFCは、J1昇格は厳しい状況。いずれも入れ替え戦に加わる3位になる可能性はあるが、自動昇格の2位以内は、難しいだろう。
posted by 新快晴 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(4) | ガンバ大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

ガンバ大阪、ナビスコカップ初優勝!

ガンバ大阪がナビスコカップ初栄冠に輝いた!

2年前、ジェフ千葉にPK戦の末敗れたが、今回、雪辱を果たした。そして、ナビスコカップが初めて関西に移動した。

東京、国立競技場で行われた2007ナビスコカップ決勝は、ガンバ大阪川崎フロンターレの対戦となった。

ガンバ大阪は、後半に19歳のDF安田理大がプロ初ゴール!お互い見事な攻守で最後まで緊張ある試合だった。ただ、川崎は決めるところで決められなかったのが響いた。これはガンバのディフェンスが完璧なシュートを打たせなかった結果とも言える。

MVPは安田選手。U-22でもあり、ガンバ大阪だけでなく将来の日本代表を担う逸材になると思う。
これをきっかけに飛躍して欲しいものです。

まずは1冠獲得!おめでとう!
J1リーグは厳しいかもしれないが最後まで盛り上げて欲しい。そして、天皇杯優勝願っています。

posted by 新快晴 at 16:26| Comment(2) | TrackBack(16) | ガンバ大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする