2014年10月25日

タイガース先勝!ゴメス&マートンで5打点

日本シリーズが甲子園球場で開幕した。阪神タイガースの先発はメッセンジャー。福岡ソフトバンクホークスの先発は昨年までタイガースにいたスタンリッジ。史上初の外国人投手同士の対戦となった。
投手戦となると思われたが、4回にゴメスが先制タームリーヒット。そして、5回に大和のヒットから、メッセンジャーがスリーバントを決めて、2塁にランナーを進める。その後満塁になり、再びゴメスがタイムリー2塁打で2点追加。さらにマートンも続いてタイムリー2塁打で2点。ホークスのスタンリッジを引きずり下ろした。さらに、福留がタイムリーで1点追加。投手戦の様相を示していた試合展開で6点は大きかった。
メッセンジャーは、5回まで無得点。6回に1アウト満塁のピンチを迎えたが、4番イ・デホの犠牲フライの1点にとどめた。
これが試合の分岐点だったと思う。
メッセンジャーは7回2失点で降板。8回に福原、9回にオ・スンファンがきっちり抑えた。

6−2で阪神タイガース福岡ソフトバンクホークスを下し、幸先良いスタートを切った。

クリーンアップの差+6番打者の差が勝敗を分けたような気がします。
ファンでなくとも、リーグ最多安打のホークス・中村晃の不振が気になります。

タイガースの良いところばかりでた試合だったが、まだ始まったばかり。

和田監督は、「常に初戦のつもり」「明日勝って5分」と言うことなので、ファンが心配するほどではないと思う。
明日も勝って、2連勝で福岡へ乗り込みたいですね。
posted by 新快晴 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(4) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

ドラフト会議、タイガースは5人指名

日本シリーズの2日前の23日。ドラフト会議が行われた。
阪神タイガースは、5人を指名した。育成選手の指名はなかった。
5人という人数は、12球団で最小であった。

1位指名が競合し、抽選で2度も外したものの、結果的に悪くないと思う。
はずれ1位でも、昨年の岩貞のようにプロ初勝利の例もあるし、あとは個人の練習次第ですね。

ちなみに、タイガースも指名した有原航平(早稲田大)は4球団の競合の末、北海道日本ハムファイターズが交渉権を得た。
また、高校生期待の安樂智大(済美)は2球団の競合の末、楽天イーグルスが交渉権を得た。

さらに、京都大学初のプロ野球選手かと注目された田中栄祐(京大)は千葉ロッテマリーンズが2位指名した。

昨年入団したドラフト指名選手で、岩貞、梅野、岩崎が一軍デビューした。
今年入団する新人にも早く1軍でプレーできるように頑張ってください。

阪神タイガースが指名した選手
1位 横山 雄哉 投手(新日鉄住金鹿島)
2位 石崎  剛 投手(新日鉄住金鹿島)
3位 江越 大賀 内野手(駒大)
4位 守屋 功輝 投手(Honda鈴鹿)
5位 植田 海 内野手(近江)

posted by 新快晴 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月18日

タイガース4連勝で、2005年以来の日本シリーズ進出!


クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第4戦。1回から阪神打線が、巨人の先発・小山に襲いかかった。マートンが3ランホームランで先制し、続く福留がソロホームランで4点。2回にも西岡の2ランで、突き放す。
しかし、能見も2回裏に亀井にソロホームランを打たれる。巨人にも得点圏に出しながら、得点は2点のみ。それが響いた。

7回に、ゴメスがタイムリーで2点を加え突き放す。
タイガースは、6回以降、能見から安藤、松田、福原と1イニング毎につなぎ、9回には点差はあったがオ・スンファンが登板。しかし、ソロホームラン2発を撃たれた。それでも、後続を抑えた。
連投の影響があったかもしれないが、6点差もあって緊迫した場面ではなかったので、普段と感覚が違ったのかな。

阪神タイガースが8−4で読売ジャイアンツを下し4連勝(巨人のアドバンテージ1勝)で、日本シリーズ進出を決めた。

過去に4連勝で決めた例はあるが、いずれも1位のチームで、2位のチームが決めたのは初めて。

クライマックスシリーズのMVPは6連投をしたオ・スンファン。まあ、妥当だと思う。3イニングってのもあったし、最後は打たれたとはいえ、それまで無失点で抑えたのだから、貢献度は大きいと思う。
巨人戦だけ見ればゴメスだったと思うが、広島戦を含めるとわずかに届かなかったかもしれない。

和田監督の胴上げや祝勝会はなし。
これは日本一になってからということで、良いと思います。

タイガースが突破するには4連勝、最低でも1杯と思っていたがほんとうにやってくれるとは!
おめでとうございます。
万歳!万歳!万歳!

日本シリーズ楽しみにしてます。
posted by 新快晴 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(7) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月17日

タイガース3連勝!CS突破へあと1勝

阪神タイガースが、読売ジャイアンツに4−2で勝ち、3連勝。クライマックスシリーズ制覇まで、あと1勝となった。
メッセンジャーと杉内の先発で始まった。先制したのはジャイアンツ。少なくとも5回まではジャイアンツペースだったと思う。
2−0でジャイアンツのリードで迎えた6回に、ゴメスのタイムリーで1点を返す。さらに、福留が同点になるタイムリーを放つ。
そして、7回にゴメスが勝ち越し2点タイムリー。昨日、ノーヒットだった4番が覚醒した。

タイガースは高宮、安藤、松田とつないだ。松田投手の時はボール球ばかりでひやりとしたが、一応2アウトは取った。そこからオ・スンファンが登板し、イニングまたぎで締めた。

もちろんタイガースが有利になったのは間違いないのだけれど、まだ安心できない。
ジャイアンツは、過去に、クライマックシリーズでも日本シリーズでも連敗後に連勝で優勝の実績がある。

もう、4連勝で決めちゃいましょう!

posted by 新快晴 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(6) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

タイガース連勝!

クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第2戦。阪神タイガースが5−2で読売ジャイアンツを下し、2連勝。
タイガース打線は、3回に岩田投手がファーボールで出塁。これをきっかけに打線がつながり、上本のタイムリーで先制。さらに、鳥谷のタイムリーで2点目。
5回には、ジャイアンツの澤村が危険球による退場。これを機に、タイガース打線が奮起し、3点追加。
7回に、ジャイアンツは井端の2ランで2点を返す。しかし、ここで岩田が踏ん張り、追加点を許さない。

8回から、福原−高宮−オ・スンファンの継投で逃げ切った。
これでタイガースは2連勝。

後半に、なかなか追加点を奪えないのが課題ではあるが、タイガースペースには違いない。

もう、一気に4連勝で決めたいですね。
もつれると、東京ドームの利を活かしたジャイアンツが有利になると思うので。

まだ安心は出来ないです。
posted by 新快晴 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(4) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

CS、阪神が巨人を4−1で勝利し、1勝1敗タイに

クライマックスシリーズ・ファイナルステージが開幕した。東京ドームで、阪神タイガース読売ジャイアンツに4−1で勝利。巨人が1位のアドバンテージの1勝を含め、対戦成績は1勝1敗のタイになった。

タイガースは、1回に鳥谷のタイムリーで先制。そして、ゴメスの2ランで3点を上げた。3回にもゴメスのタイムリーヒットで追加点。
一方、藤浪は6回まで無得点に抑えていたが、7回に阿部のソロホームランで1点を返される。さらに、無死満塁のピンチを迎えた。それでも、ベンチは藤浪の続投を選択。その期待に応え、追加点を許さなかった。

ここが一番の分岐点だったと思う。この試合だけなら、交代もあり得たかもしれないが、藤浪で勝てなかったらクライマックスシリーズは終わりだと思うし、交代して負けるようなことがあれば、一気に流れが巨人に行ったと思う。
結果的に良かったが、思えば危険な賭ではあった。

タイガースが勝ったけど、喜ぶのはまだ早い。
やっと1勝1敗になっただけなので、明日勝って初めて有利に立てるのだから。

posted by 新快晴 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(7) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月12日

阪神が初のCSファイナルステージ進出

甲子園球場でのクライマックスシリーズ・ファーストステージ第2戦。阪神タイガースは、広島東洋カープに0−0引き分けになった。延長12回表、カープが無得点になった地点で、タイガースのファイナルステージ進出が決定。史上初の延長コールドとなった。

第1戦に引き続き、見事な投手戦となった。先発の能見と大瀬良はお互いに無失点に抑える好投。その後の継投陣も踏ん張った。
特に、9回からのオ・スンファンの今季初の3イニングを投げ抜いた。まさに大英断でしたね。

打線は2試合で1点のみだった。まあ、でも、これはカープの投手陣が良すぎたと思っているので、さほど悲観はしていない。

どっちが勝ってもおかしくない、良い試合だったと思います。

15日からのファイナルステージ。東京ドームで巨人戦。
厳しいが、良い結果を出してくれることを期待します!
続きを読む
posted by 新快晴 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(6) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

タイガースがCS初の先勝!カープに1−0

クライマックスシリーズ(CS)が開幕した。甲子園で、阪神タイガース広島東洋カープに1−0で勝ち、タイガースはCSで初めて初戦に勝ち、ファーストステージ突破に大手をかけた。

メッセンジャーと前田健太の投手戦となり、お互いに点が取れない引き締まった試合になった。そして、6回裏にタイガースは福留のソロホームランで先制した。

8回までメッセンジャーは無得点に抑え、9回にオ・スンファンが3者三振に仕留めた。

なかなか点は取れなかったが、良い試合だったと思います。

台風の影響で、明日以降の試合がどうなるか分からない。
もし、予備日含めて全て中止になると、そのままタイガースがセカンドステージ進出となる。

私も知らなかったが、日程の余裕がないので、先に2勝しなくても終わるようになっている。

でも、出来たら2勝して決めたいですけどね。

幸先良いスタートを切りました。

なお、パ・リーグは北海道日本ハムファイターズが オリックスバファローズに6−3で先勝。
大谷と金子の投げ合いでしたが、大谷が投げ勝ちました。


posted by 新快晴 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(5) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

タイガース最終戦は、勝利で締める。順位は、カープ次第。

マツダスタジアムで行われた阪神タイガース−広島東洋カープの試合は、4−2でタイガースが勝ち、今季最終戦を勝利で飾った。
レギュラーシーズンの成績は、75勝68敗1分。貯金は2ケタ行くと思っていたのだが・・・。

順位は、広島東洋カープの結果次第。カープが敗れたらタイガースは2位確定。それ以外なら3位。

まあ、祈るしかないですね。
ただ・・・オーナーによると、2位なら和田監督続投で、3位なら??

ちょっと複雑な気もします。何も、今決めなくてもいいのに。

クライマックスでの奮闘を期待します。

posted by 新快晴 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(3) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

メッセンジャー12勝目、

阪神タイガースが、広島東洋カープに5−0で勝ち、3カードぶりに勝ち越しを決めた。
メッセンジャーは7回を無失点で投げ抜いた。投手戦となったが、7回裏に福留がソロホームラン。これを機に打線が奮起。メッセンジャーの代打・西岡もタイムリーを打ち、結果を残した。
8回にもマートンが2ランホームラン。

優勝をあきらめていないファンが少なくないけれど、私は現実を見据えて、
クライマックスシリーズにつながる試合をして欲しい・・・
と思っています。

posted by 新快晴 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月11日

タイガース6連敗、巨人にマジック16が再点灯

阪神−巨人の今季最終戦。読売ジャイアンツが6−2で阪神タイガースに勝ち、タイガースは甲子園で15年ぶりに巨人に3連敗を喫した。これで、巨人に優勝マジック16が再点灯した。

タイガースは、今季初の6連敗。首位の巨人とは7.5に広がり優勝は絶望的になった。

能見が1回に4失点を喫したのが痛かった。タイガースは10安打も放つも、得点は2点のみ。

優勝の可能性は完全になくなったわけではないが、巨人が失速したとしても、2位の広島東洋カープまでも失速するとは考えにくいしなあ。
もう、Aクラス維持を考えた方が良いかも。

まずは、連敗を止めてくれ!

posted by 新快晴 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月10日

タイガース5連敗、打順替えるも効果薄く

優勝のためには、絶対落とせない試合だったのに・・・阪神タイガースは、甲子園で読売ジャイアンツに1−3で敗れ、連敗。中日ドラゴンズ戦の3連敗を含めると、5連敗となった。

1番にマートン、2番に上本、5番に新井貴浩とオーダーを替えて挑んだ。
1回裏に、早速功を奏し1点を先制した。しかし、たびたびチャンスがありながら、菅野から追加点を奪えなかった。
タイガースの先発・岩田は6回まで無失点に抑えていたが、7回に井端のソロホームランで追いつかれた。
そして、8回に逆転され、9回にも追加点を奪われた。
ここで、5連敗は痛すぎる。
気がつけば、4位の横浜ベイスターズとのゲーム差は3.5ゲームまで縮まっていた。

優勝争いどころか、Aクラス維持の戦いに巻き込まれそうな状況になってきた。

チームの雰囲気も良くないのが気になる。
posted by 新快晴 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

タイガースがドラゴンズに3連敗。遠のく首位

私がブログを更新するとタイガースの成績がいまいちなので、縁起担ぎもあってしばらく休止していた。すると、首位どころか3位に転落してしまった。しかも、ナゴヤドームで阪神タイガースは中日ドラゴンズに3連敗。首位奪取どころか3位に転落し、2位との広島東洋カープとの差も広がった。
むしろ、逆効果になってしまいかねないので、久々に更新することにした。

先発の岩貞は5回2失点と検討したものの、打線の援護がなかった。しかも、ゴメスが初の退場になるなどチームの雰囲気も良くない。巨人戦を控えているだけにこれは痛い。

結局、2−0でドラゴンズか勝ち、4連勝。
タイガースは3連敗。

今更何を言っても始まらないので、気持ちを切り替えて巻き返しを期待したい。



posted by 新快晴 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(2) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

タイガース連勝!首位と0.5ゲーム差に

京セラドーム大阪での阪神タイガース−広島東洋カープの試合。5−4でタイガースが勝ち、カープに連勝。首位の巨人が負けたため、ゲーム差が0.5に縮まった。能見が2ヶ月半ぶりに勝利投手となり、6勝目。
マートンがスタメンからはずれ、キャッチャーが梅野ではなく清水だったので気にはなったが、結果的にはうまくいった。

明日は、岩貞が初先発。
少なくとも、5回は投げて欲しいです。


posted by 新快晴 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

関本が代打満塁ホームラン&勝ち越し打の大活躍

東京ドームでの阪神タイガース−読売ジャイアンツの3連戦。阪神が6−4で勝ち、今カードを2勝1敗で勝ち越した。
巨人の先発・澤村の前にタイガース打線は苦しんだ。それでも、7回に澤村をついに攻略。2アウト満塁から代打関本が、逆転満塁ホームラン!ついに逆転した。
しかし、7回裏にタイガースはピンチを迎える。それでも、1失点で食い止めた。

そして、8回以降もファーストに就いた関本が9回にタイムリーヒットで追加点を奪う。
あとは、オ・スンファンが3人で抑えた。

関本が5打点の大活躍!

昨日は負けて8連勝で止まったものの、まだタイガースの勢いは続いていますね。

次の、中日ドラゴンズの3連戦が楽しみです。
posted by 新快晴 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(3) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月09日

タイガース今季初の7連勝&27イニング連続安打の新記録達成

阪神タイガースが今季初の7連勝で、貯金を5に増やし、2位の広島東洋カープとのゲーム差がなくなった。
タイガースは、ゴメスとマートンがホームラン。そして、7回まで毎回安打を放ち、日本新記録となる通算27イニング連続安打を達成した。これすごいことですね。
8回に記録は途絶えたが、なかなか出来ることじゃないです。

先発の藤浪は7回まで1失点の好投。このまま完投して欲しかったが・・・8回に捕まり2失点。変わった加藤も打たれ1点差まで追い上げられる。しかし、福原が後続を抑え、9回にオ・スンファンがランナーを出すも無失点に抑え、6−5でタイガースが勝った。

本来なら、福原やオ・スンファンを出す展開じゃなかったけどなあ。
継投を批判する人もいるが、藤浪には完投して欲しかったです。
毎回7回までとはいかない。福原とオ・スンファンがいくら調子が良いといっても連投が続けば、いつかは崩れます。
特に今回は連戦だけに、休ませられる展開にしないと。

ま、いずれにせよ7連勝は気持ちが良いです。

でも、明日は試合できるかな?台風の影響が気になります。
posted by 新快晴 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(3) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

タイガース・能見KOで連敗。4位転落

甲子園で行われた阪神タイガース−中日ドラゴンズの試合。能見は乱調で、1回に8失点。味方のエラーもあったが、それでもひどかった。ほぼこれで勝敗が決まったと言ってもいい。
10−2でドラゴンズが連勝し、タイガースは4位に転落した。

それにしても、能見を1回に8失点。それでも、3回まで投げて9失点。そこまで投げさせる必要があったのか?
打線の奮起を期待するといっても、10点取るなんてかなり厳しいと思うが。

西岡と福留が復帰したものの打線がつながらない。
流れが止まっているような。

しばらくは我慢しないといけないのでしょうか?


posted by 新快晴 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

タイガース、交流戦3連敗で終了。貯金0に

セパ交流戦の最終戦。阪神タイガースは東北楽天ゴールデンイーグルスに1−5で敗れた。先発の能見は、4回5失点KOで降板。楽天の美馬は6回に危険球退場を受けたが、そのあとのピッチャーが踏ん張り、1失点で食い止めた。

これでタイガースは3連敗。ついに貯金が0になった。
交流戦前の貯金を食いつぶしてしまい、セ・リーグでは3位とはいえ、4位の中日ドラゴンズと1ゲーム差まで追い上げられている。

タイガースの交流戦成績は9勝15敗の11位。勝敗は、楽天と広島と並んでいるが、交流戦の規定により、11位に終わった。

なお、優勝は読売ジャイアンツが2年ぶりに達成。セ・リーグでも首位を独走中。

ちょっと心配ですねぇ。
posted by 新快晴 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

マートンのサヨナラ2塁打で阪神連勝&金田プロ初勝利

延長12回、劇的なサヨナラ勝ちだった。
阪神タイガースが北海道日本ハムファイターズに4−3で勝ち、ようやく交流戦で連勝した。
8回まで、藤浪が1失点の好投。このまま逃げ切るかと思われたが、9回のオ・スンファンが打たれ逆転。
しかし、その裏、ファイターズの救援陣が踏ん張れず、同点に追いついた。
その後も、タイガースに得点のチャンスはあったが無得点。
そして、12回にマートンがサヨナラタイムリー2塁打を打って勝ちを決めた。

藤浪が13奪三振を取りながら勝ち星がつかなかったのは残念です。

オ・スンファンが交流戦に入ってから、調子が今ひとつ。
心配ではある。 

まあ、勝ったから良いことにしよう。


posted by 新快晴 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(4) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

タイガースが乱打戦制す。マリーンズに8−7で辛勝

阪神タイガースが千葉ロッテマリーンズに8−7で勝ち、連敗を2で止めた。
タイガース先発の岩崎は1回に3失点。2回以降は無得点に抑えるも毎回ランナーを出す安定しないピッチング。5回が限界だった。
一方、タイガース打線は、マリーンズの涌井を攻略し、5回にゴメスが3ランホームランで逆転。あとは継投で逃げ切りかと思われた。
しかし、7回に安藤が捕まり4失点。それでも、8回に新井良太が逆転タイムリー。
もっとも、マリーンズの岡田はいったんボールをグラブに入れていたのだが、はじき出された。
でも、あれは責められない。取ったら超ファインプレーやったから。

あとは、福原、オ・スンファンの継投で逃げ切った。

まあ、見てて楽しい試合だったけど、やっと勝ったって感じでした。
負けていたら勝率5割、貯金ゼロになるとことだったから良かった。
と言うことにしましょう。

posted by 新快晴 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。