2014年01月01日

天皇杯、横浜Fマリノス優勝

天皇杯決勝。横浜Fマリノスがサンフレッチェ広島を2−0で下し、21年ぶりの優勝を果たした。
日産自動車時代に優勝したことはあるが、現在のチーム名になってからは初めて。

前半に、続けて2得点したのが最後まで大きく響いた。

リーグ戦では、広島が優勝。
今回はリーグ2位だった横浜FMが雪辱。

2013年は、この2チームがJリーグの象徴でしたね。

2014年はどうなるか?
個人的には、ガンバ大阪の巻き返しに期待。
そして、セレッソ大阪が、棚ぼたのような形で、AFCに出場することになった。
posted by 新快晴 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月16日

元大分監督のシャムスカ氏が磐田の監督に就任

J2に降格したジュビロ磐田が、2009年まで大分トリニータの監督だったペリグレス・シャムスカ氏を監督に就任することを発表した。
かつて大分に住んでいた私には、記憶に残る監督に1人です。

「大好きな日本で再びサッカーの仕事に関われることを嬉しく思う」
嬉しいことを言ってくれます。

大分では2005年から就任し、2008年には九州のチームで初めて、ナビスコカップのタイトルをもたらした。しかし、補強に失敗し、2009年に成績不振で解任。大分では人気のあっただけに惜しまれた。

しかし、今回はJ2。J1昇格という課題を突きつけられたわけであるが、厳しい戦いになると思う。
大分トリニータとの試合が楽しみではある。
posted by 新快晴 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

徳島がJ1昇格、四国勢で初!

J1昇格をかけた京都サンガF.C.−徳島ヴォルティスの試合が国立競技場で行われ徳島が2−0で勝ち、初めてJ1に昇格した。
四国のチームがJ1に昇格するのは史上初。
四国のサッカーに新たな歴史を刻んだ。

徳島は観客数が少ないことが課題だったが、J1になると、レベルの高い試合が見られることもあるし、注目度が高まるので、かなり増えるとは思う。それより、今の水準では、J1に定着できるかどうか。まずは残留が目標でしょうね。

また、J2&J3の入れ替え戦が行われ、JFLのカマタマーレ讃岐がJ2のガイナーレ鳥取を破り、通算1勝1分けで昇格を決めた。
鳥取は来年からスタートするJ3に参加することになった。

四国にとっては、記念すべき日となった。
posted by 新快晴 at 22:28| Comment(2) | TrackBack(0) | Jリーグ&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

ワールドカップ出場32カ国が決定

2014年にブラジルで開催されるFIFAワールドカップの出場国が全て出そろった。
今回は、初出場がボスニア・ヘルツェゴビナのみで、半数以上が連続出場となり、結果的に大きな変動もなく決まったように思う。
組み合わせは来月。
日本は、決勝トーナメント進出に向けて、どんな組に入るのか。
今から気になります。

出場国
開催国(1):ブラジル
ヨーロッパ(13):ベルギー、イタリア、ドイツ、オランダ、スイス、ロシア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、イングランド、スペイン、クロアチア、フランス、ポルトガル、ギリシア
アジア(4):日本、オーストラリア、イラン、韓国
北中米・カリブ(4):米国、コスタリカ、ホンジュラス、メキシコ
南米(5):アルゼンチン、チリ、エクアドル、コロンビア、ウルグアイ
アフリカ(5):コートジボアール、ナイジェリア、カメルーン、ガーナ、アルジェリア


 
posted by 新快晴 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

日本、東アジア杯初優勝。韓国に2−1で勝利

サッカー東アジアカップで、ザッケローニ率いる日本代表は韓国に2−1で勝ち、通算成績2勝1分け・勝ち点7で優勝を果たした。
海外組不在で、主力メンバーの少ない中、よく頑張ってくれたと思う。

柿谷が2ゴールを上げ、通算3ゴールで得点王に輝いた。

韓国は元Jリーガーの監督とJリーガーが多いこともあり、激しいプレーというのはなく、試合そのものはフェアだったと思う。でも、日本にとっては評価できる内容ではなかったなあ。控え組が多かったので、今後に期待したい。

開催国の韓国以外のチームを同じホテルに宿泊。
韓国以外の練習場は、高層ビルから丸見え。
日韓戦では、FIFAが禁止されている政治的な横断幕を掲げるサポーター。
その他上げると切りがないが・・・。

ホスト国として、海外からの招待客をもてなす態度でなかった韓国。

かつてはそこまでひどくなかったけどなあ。
北朝鮮を敵視しなくなった「太陽政策」以降の教育の影響なんでしょうか?
posted by 新快晴 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

日本代表、コンフェデレーション杯3戦全敗で終える

コンフェデレーションカップで、すでに予選敗退が決まっている日本代表はメキシコと対戦。せめて1勝という期待はあったが1−2で敗れた。
結果、日本は3戦全敗、4得点9失点というさんざんな成績だった。

良い試合はしているんだけど、結果は負け。
親善試合や強化試合ではないんだから、いくら内容が良くても負けてはダメですね。

途中までは良い試合。だが、選手交代から流れが変わる展開が多い。
決定力不足だけでなく、ディフェンスが崩壊するシーンが目立つ。さらに、監督の選手起用にも疑問符がつく。
ザッケローニ監督も悩んでいるのかな?

まあ、これが現実ですね。
ブラジル、イタリアは当然としてメキシコも格上。
順当な結果になってしまいました。

あと1年で、これからどう強化していくのか。注目していきたい。
posted by 新快晴 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

ザックJAPAN、ブラジルに完敗

各大陸王者が争うコンフェデレーション杯。アジア王者の日本は南米・開催国のブラジルと激突。
日本のサッカーがどれだけ通用するか期待していたが・・・結果は3−0の完敗。

負けたことは仕方がない。これまでの成績から見れば普通。
ただ、日本のサッカーがあまりできていなかったように感じる。何もできなかった。
負けるにせよ、積極的に攻めて点を取っていれば、ファンも納得できたと思うが、これは評価できないですね。

もう少し通用するかと思っていただけに、結果だけでなく内容も残念です。
posted by 新快晴 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

日本、ワールドカップ5大会連続出場決める

ザッケローニ監督率いる日本代表が、FIFAワールドカップ2014の出場を世界で1番最初に決めた。日本のワールドカップ出場は5大会連続。
引き分けでも出場が決まる日本オーストラリアの試合は、1−1の引き分け。
後半37分に先制点を許したが、後半ロスタイムに本田のPKで同点に追いついた。

有利に試合を進めながらなかなか得点を奪えなかったが、今回は試合内容は2の次。
出場を決めることが最大目標だったから、これで良しとしよう。

おめでとう!日本代表!
ザックJAPAN!
posted by 新快晴 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

高校サッカー決勝、大雪で延期

高校日本一を決める高校サッカーの決勝戦。
国立競技場のある東京は大雪。さすがに、積雪のある状態では試合ができず14日は中止。
19日に延長されることになった。

両校優勝の計画もあったが、結局、学業に支障のない土曜日、センター試験とかぶるが、受験する選手がいないことから決まった。

まあ、大変とは思うが、頑張って欲しいですね。

なお、京都代表の京都橘は東京に残り、宮崎代表の鵬翔はいったん地元に戻ることになった。
posted by 新快晴 at 22:46| Comment(1) | TrackBack(0) | Jリーグ&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

ワールドカップに王手!日本がオマーンに勝利

アウエー、オマーンで行われたワールドカップ・アジア最終予選。
ザッケローニ監督率いる日本代表オマーン代表に2−1で勝ち、勝ち点を13にのばし、ワールドカップ出場に王手をかけた。

前半20分に、清武の代表初ゴールで先制。苦しい展開で、一時は同点に追いつかれた。
それでも、粘った日本は後半44分に岡崎のゴールを決めた。

アウエーで勝ったのは大きい。内容などは二の次。

次勝てば、ほぼ決まり。
だが、まだ安心はできない。
そんなこと、選手は分かっていると思うので・・・。

とりあえず、勝って良かったです。
posted by 新快晴 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(1) | Jリーグ&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

日本、イラクを1−0で下し、勝ち点10に伸ばす

ワールドカップ・アジア最終予選。B組首位の日本は、イラクと対戦。かつて日本代表を率いたジーコ監督は、日本のサッカーを知り尽くしているだけあって、厳しい戦いになると思われた。
実際、厳しい戦いになった。それでも、前半に前田のゴールで先制。それが決勝点になり、日本が1−0でイラクに勝ち、勝ち点を10に伸ばした。ワールドカップ出場に大きく前進した。

内容よりも、勝ったことが大きいでしょう。腰痛で香川が出場できず、出場停止が3選手もいたが、それでも勝った。

それにしても、いい試合だったなあ。
両チームともイエローカードすら出ていなかったような気がする(審判が優しかったかもしれんが)。

とりあえず、勝って良かったです。
posted by 新快晴 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(5) | Jリーグ&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

日本、オーストラリアと敵地で価値あるドロー

アウエーの洗礼を受けた試合だった。
オーストラリアで行われたワールドカップアジア最終予選で、日本はオーストラリアと対戦。前半はオーストラリアの方が攻めていたが、お互いに得点は奪えず。後半に試合が動いた。
後半20分に、日本が先制点を上げる。しかし、ジャッジが日本に厳しくなった。後半25分に不可解なジャッジでPKを与えられ、同点に追いつかれる。さらに、先制点を挙げた栗原が2枚目のイエローカードをもらい退場。そして、ロスタイムに日本がFKを与えられた。ところが、ボールを蹴る前に試合終了のホイッスル。
1−1の同点に終わったが、後味の悪い試合だった。

審判がオーストラリア寄りかと思っていたが、前半はそうでもなかったように思える。変わったのは、オーストラリアに退場者が出て、日本が先制点を挙げてからと思える。アウエーの雰囲気に飲まれたのか、中東の審判によくあるバランス感覚が働いたのかオーストラリアが不利になったので、何とかしようと思ったのか。終盤はひどいジャッジが目立ったなあ。

それでも、最大のライバルにアウエーで勝ち点1を取れたのは大きい。
日本はよく戦ったと思う。

これは評価していいと思う。
posted by 新快晴 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

なでしこJAPAN、米国とドロー

キリンチャレンジカップで、なでしこJAPAN米国女子代表と対戦。
しかも、毎日放送(TBS系)で地上波で生中継されるという、女子サッカー界にとって画期的な事がおきた。

これが女子サッカーの発展につながればいいですね。

試合は、日本が押し気味で、前半に先制点を挙げた。
しかし、後半に入り、疲れが見え始めた日本に米国が反撃、同転に追いつかれ1−1の引き分けに終わった。

勝てた試合だっただけに惜しかったですね。
それでも、いい試合でした。

すくなくとも、これで、日本・なでしこJAPANは世界ランク1位のアメリカと互角に戦えることは証明されたと思う。

オリンピックでの対決が楽しみです。
(当たるかどうか分からんけど)
posted by 新快晴 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

U-23日本代表がロンドン五輪出場決める

ロンドンオリンピックを目指すU-23日本代表は、国立競技場で、U-23バーレーン代表と対戦。
前半は、バーレーンが攻勢に立つ場面もあり、0-0で折り返し。
後半に、2得点を挙げた日本が2-0で勝ち、オリンピック出場を決めた。

日本の五輪出場は、5大会連続。

惜しい場面もあったが、内容的には悪くなかったと思います。

これで、なでしこJAPANとともに、男女とも出場。
日本のサッカーを盛り上げて欲しい。

でも、選手達にはここから本番なんですね。
選手同士の出場権争いが熾烈になるし、オーバーエイジ枠もある。
注目です。

ともあれ、
オリンピック出場、おめでとうございます。
posted by 新快晴 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(3) | Jリーグ&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

なでしこJAPAN惜敗、ドイツに3−4で敗れ2位(アルガルベ杯)

ポルトガルで行われた女子サッカーのアルガルベ杯決勝。
なでしこJAPAN(日本女子代表)は、ヨーロッパ最強のドイツと対戦。

前半の立ち上がりが不安定だったなでしこにドイツが2得点。
しかし、後半10分に同点に追いつく。
その後、PKで失点するもすぐに同点に追いつく。
驚異的な粘りを見せたが・・・ロスタイムで失点。

4−3でドイツが勝ち優勝。なでしこはワールドカップに続く優勝はならなかった。

負けましたが、ヨーロッパ最強のFIFAランキング2位のドイツ相手に3得点は、すごいと思う。
見ている方はおもしろい試合だったと思う。
残念ですが、満足できる試合でした。

なお、ドイツは、ロンドンオリンピックには出場できない。
昨年のワールドカップで日本に敗れたことで、断たれたため。
その悔しさと意地が、日本の気持ちを上回った結果かも知れないですね。
posted by 新快晴 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

ザックJAPAN、ウズベキスタンに苦杯。なでしこは勝利

ワールドカップ・アジア3次予選C組最終戦。日本代表は、C組1位の座を賭けてウズベキスタンと対戦。豊田スタジアムで、ホームの利を活かしたかったが、思わぬ苦戦を強いられた。
0−1でウズベキスタンが日本に勝ち、ウズベキスタンが勝ち点16でC組1位となり、日本は勝ち点10の2位で最終予選に進むことになった。
確かに、内容は良くなかった。

でも、お互いに、すでに最終予選を決めていたこの試合。絶対勝たなくてはいけない試合ではなかった。
負けたのは痛いが、その分次への課題も見えてきたので、あんまり悲観する必要もないと思う。

一方、なでしこJAPANは、ポルトガルでアルガルベ杯に出場。ノルウェーと対戦し、2−1で勝利。
こちらも先制点を許す苦しい試合だったが、逆転し幸先良いスタートを切った。
posted by 新快晴 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(1) | Jリーグ&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

ザックJAPAN、アイスランドに3−1で勝利

2012年最初のザッケローニ監督率いる日本代表の試合。

北欧のアイスランドと対戦し、日本はすべて国内組。アピールする絶好の機会である。
日本は、前田、藤本、槙野の3ゴールを決め、3−1で快勝。

FIFAランキングでは差がある相手ではあったが、国内組のみで対戦するには、ふさわしい相手だったと思う。
ヨーロッパでも遠いアイスランドからわざわざ来てくれたのは本当にありがたい。

それより、特に盛り上がったのが日本代表よりもアイスランドのソルステインソン選手のスローイン。前転で投げるハンドスプリングスロー。最近はほとんど見ることがなかっただけに、驚きました。
あのスローインは、距離を稼げる利点はあるが、怪我やファウルスローのリスクが大きい。何より投げにくいということで、最近では珍しい。

楽しませていただきました。
posted by 新快晴 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(1) | Jリーグ&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

U-23日本代表、マレーシアに4−0で快勝

ロンドンオリンピックを目指す、サッカーU-23日本代表。マレーシアのクアラ・ルンプールで、マレーシアと対戦。
前半はなかなか点が取れなかったが、終わってみれば4−0の快勝。

内容には課題もありますが、結果には満足してます。

暫定ながら、C組の首位に立った。

次回は、3月14日にホームでバーレーン戦。これに勝って、1位ですんなりオリンピック出場を目指して欲しいです。


話それるが、日本代表の新ユニフォーム。まだ慣れていないのか、個人的に違和感があります。
観戦に来ていたサポーターの中には、過去のユニフォームを着ている人が少なくなかったような気がします。
そのうち、慣れると思います。
posted by 新快晴 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(3) | Jリーグ&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

U-23日本代表、シリアに敗れ五倫に黄信号

ロンドン五輪を目指すサッカーU-23日本代表は、ヨルダンのアンマンでシリアと対戦。1−2で敗れた。
C組の首位を明け渡し、自力1位の可能性がなくなった。
1位ならオリンピック出場が決まるが、2位だと厳しい予選が続く。

試合すべてを見ていた訳ではないが、どうもちぐはぐだったような感じだった。
まあ、終わったものは仕方ないので、残り2試合頑張って勝つしかないでしょう。

シリア次第では、1位になる可能性はまだ残っているのだから。
posted by 新快晴 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

澤がFIFA年間最優秀選手賞に、佐々木監督も最優秀監督賞に

チューリッヒで開催された国際サッカー連盟(FIFA)の表彰授賞式。
2011年の最優秀選手賞として、澤穂希(INAC神戸)が最優秀女子選手賞に選ばれた。アジア人女性として初めての受賞で、もちろん日本で初めて。

また、なでしこジャパンの佐々木則夫監督は、年間最優秀監督賞に選ばれた。

FIFA女子ワールドカップで優勝した功績もあるが、これはすごい快挙である!

おめでとうございます。

また、日本サッカー協会が、フェアプレー賞も受賞し、事実上三冠に輝いた。
日本サッカーに大きな歴史を刻んだ。

これが、日本女子サッカーの発展につながればいいと思います。
posted by 新快晴 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(9) | Jリーグ&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする