2017年03月14日

日本、キューバに競り勝ち2R突破へ前進

ワールドベースボールクラシックWBCの第2ラウンド・プールE。日本は、昨日タイブレークでオランダに勝ち、今日もキュ−バに8−5で勝利。2連勝で、アメリカでの決勝ラウンド進出に前進した。
1次ラウンドから5連勝!
難しい試合ばかりだがよく勝ってくれている。

明日、イスラエル戦、勝ってアメリカに行ってもらいたいですね。
posted by 新快晴 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

日本がオーストラリアに勝利し、連勝

東京ドームで行われるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のプールB。日本は、オーストラリアに4-1で勝ち、2連勝。初戦はキューバに11-6と強豪にいい形で勝てたのは大きい。2次リーグのプールE進出の可能性が大きくなった。
今日は、中田と筒香にホームランが出たのが素晴らしいが、投手陣も踏ん張ったと思う。

最終戦は中国戦。負けることはないと思うが、油断は禁物。
次のステージに向けていい形で進んで欲しい。

一方、韓国で開催されているプールAはオランダとイスラエルがプールEへ進出を決めた。韓国と中華台北(台湾)は2連敗で敗退が決まった。韓国とはやりたくなかったが、戦いやすい相手だったとは思う。オランダ、それよりもイスラエルはどんな野球をするのかよく分かっていない。
気の抜けない試合が続きます。

頑張れ!日本!
posted by 新快晴 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

男子体操団体、日本が金メダル

リオデジャネイロ・オリンピックの男子体操で、日本は団体で金メダルを獲得した。団体の金は2004年のアテネ大会以来3大会ぶり。予選では、ミスが相次ぎ、4位で決勝進出。しかし、決勝では日本はほとんどミスのない演技をした。

2位はロシア、3位は中国だった。

それにしても、素晴らしかったですねえ。結果的には、演技の順番が日本にとってプラスに働いた。さらに、予選で上位だった、ロシアや中国、米国にミスが目立つという皮肉な結果になった。

おめでとうございます。

女子団体も続いてほしいですね。
posted by 新快晴 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

交流戦、タイガース最終戦は勝利で締める。

交流戦の最終戦は、甲子園で行われた阪神タイガース−北海道日本ハムファイターズ戦。
タイガースが11−4で快勝し、岩田は完投勝利。
タイガースは最終戦を白星で飾り、交流戦の成績は10勝8敗になり、セ・リーグで唯一勝ち越した。
ファイターズは、勝つか引き分けで交流戦1位になるところだったが、敗れ2位に終わった。

今回は、パ・リーグの強さが目立ち、パ・リーグの61勝44敗3分けとセ・リーグを圧倒していた。

上位6チームの内5チームがパ・リーグ。
負け越しは、オリックスのみで、リーグでもダントツの最下位になってしまった。
幸いか不幸か、借金2でもタイガースは3リーグ位。10連敗してもベイスターズは2位。

ここから巻き返しですね。


posted by 新快晴 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

タイガース、スワローズに大敗。藤浪4回降板で4敗目。

昨日の猛打とは一転。今日はスワローズの打線が爆発。東京ヤクルトスワローズが阪神タイガースに11−1で勝った。
先発の藤浪は、4回3失点で降板。後半戦最初の試合。オールスター後の調整がうまくいかなかったのか、本来のピッチングではなかった。これも試練かもしれない。
ただ、これだけならまだタイガースに逆転のチャンスはあった。
その後、交代した加藤が1失点。さらにボイヤーが傷口を広げる3ランを浴びる。

昨日のお返しをそのままやられてしまった。

一方、首位の巨人も広島に大敗。お付き合いしてくれたのでゲーム差は変わらず。

でも、巨人も阪神も優勝争いをするチームらしい試合をして欲しかったですね。
ちょっとひどすぎました。
posted by 新快晴 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(3) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

WBCドミニカが初優勝。無敗で初

第3回WBCの決勝戦。プエルトリコ−ドミニカ共和国の試合は3−0でドミニカが勝ち、初優勝を果たした。
第1ラウンドから決勝まで8戦全勝で、一度も負けなかったのは初めて。
メジャー選手をそろえたドミニカ共和国の強さが目立った大会であった。

やはり、日本はメジャー選手の不参加が響いたのかなあ。

次回は4年後。
ただ・・・準決勝に進めなかったアメリカが中止するとか、第1ラウンドで敗れた韓国が自国開催を要求とだだをこねるなど・・・日本はメジャー選手の参加はあるのか?

果たして次回は実施されるのか?

とにかく、ドミニカの優勝を祝福します!
posted by 新快晴 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

WBC3連覇逃す。日本、プエルトリコに敗れる。

WBCの準決勝。サンフランシスコで行われた日本プエルトリコの試合は3−1でプエルトリコが勝った。3連覇を目指した日本は準決勝で姿を消した。

先発の前田健太は1回に先制点を許すもその後は立ち直った。しかし、2番手の能見が2ランを打たれ、突き放された。一方、得点のチャンスが何度もあったが、打線がつながらずなかなか点が入らない。それでも、8回に井端がタイムリーヒットを打ち1点返した。さらに、内川がヒットを打ち、1アウト1,2塁のチャンスをつかむ。しかし、ダブルスチールの連携ミスで内川がアウト。その後は打ち取られた。

3連覇は厳しいですね。でも、山本監督を始めコーチ陣や選手達はよく頑張ってくれました。
個人的には、残念だし、内容的には満足できない点はありますが、批判は辞めておきます。
国際試合では、世界でもまれたメジャー選手の存在が大きいように感じます。
それで、メジャー選手不在でここまでこれたのは大健闘だと思います。
まあ、そんなに甘くないということですね。

胸を張って帰国して欲しいと思います。
お疲れ様でした。
posted by 新快晴 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(1) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

日本がオランダに勝ち第2ラウンド1位通過

WBC第2ラウンドpool A最終戦。日本は1位通過をかけてオランダと対戦。前回とは逆に、1回表にオランダが先頭打者ホームランで先制。しかし、2回に阿部の1イニング2打席連続ホームランという珍しい記録が出て一気に8点を上げる。しかし、その後は単調な攻撃になり追加点を奪えない。
すでに、準決勝進出はきめていることもあり、小刻みな継投をみせた侍JAPAN。しかし、7回に2点を返され、8回に3点を挙げられ、2点差まで追い上げられる。
それでも、9回に2点を入れて突き放した。

結局、10−6で日本がオランダを下し、1位通過を決めた。
この試合は、お互いに準決勝以降を見据えての戦いでもあったので、ベストメンバーではなかった。日本は、これまで出場機会の少なかった選手を起用し、オランダは前回のキューバ戦に総力戦で向かったことで戦力は落ちていたと思う。それでも、少し気をゆるむと追い上げられる。それが分かったことで、むしろ気が引き締まったのではないかと思う。
とにかく、リリーフ陣は踏ん張って欲しいと思う。

山本監督の采配に賛否両論あるが、とにかく準決勝進出を決めた。
ここまできたら、内容が良くなくても結果的に勝てばいい。

3連覇、期待するしかないでしょう!
posted by 新快晴 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(2) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

侍JAPAN、6本塁打で16点。オランダに大勝しアメリカへ

これまでのもどかしさが嘘のような試合だった。侍JAPANオランダと対戦。鳥谷の先頭打者ホームランから、日本は猛打爆発。第1ラウンドからホームランは0本だったが、この試合だけで6本。2回には松田が2ラン、内川が3ラン。3回に稲葉がソロ。4回に糸井が3ラン。さらに7回には坂本が満塁ホームラン。これで”サイクル”ホームランまで達成!
毎回得点、先発全員安打!
侍JAPANって、こんなに強かったのか!?

一方、先発の前田健太は5回1安打9奪三振、無四球と文句のない素晴らしい内容。
二番手の内海は4失点を喫したが、これオランダの攻撃を褒めた方が良いでしょう。内海はそんなに悪いようには見えなかったけどなあ。その後、山口と涌井とつないだ。
韓国やキューバを破っただけのことはある。

16−4で日本がオランダに圧勝し、準決勝進出を決めた。

安心して見ていられる良い試合でした。
12日に第2ラウンド最終戦がある。こちらは、負けても許される試合であるが・・・勝って気持ちよくアメリカへ行ってもらいたいですね。
posted by 新快晴 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(5) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

日本、キューバに敗れA組2位で、第2ラウンドへ

A組1位通過をかけた日本キューバの試合は、6−3でキューバが勝った。日本は2位通過で、第2ラウンドへ進出する。
先発の大隣は良いピッチングだったがホームランによる1失点。2番手の田中将大も1失点。3番手の沢村も失点。交代するピッチャーがことごとく失点を重ね、8回には今村が3ランホームランを浴びた。
一方、打線は6回まで毎回ランナーを出しながらチャンスに打てず、得点できない。

それでも、9回に粘り、3点を返した。

この試合は、”負けが許される”試合だった。それでも、満足できる内容ではなかったなあ。
無得点で終わらなかっただけ、少しは報われた気分にはなった。

第2ラウンドは東京ドームで行われる。
A組1位のキューバは、B組2位のオランダと対戦。
A組2位の日本は、B組1位の台湾(中華台北)と対戦。

前回準優勝の韓国は、B組3位で敗退。今回は、事実上の決勝戦と思われた日韓戦がないが、ないならないで気にはならない。

侍JAPANがアメリカへ行けるよう応援しましょう!
posted by 新快晴 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

WBC、日本が中国に勝ち連勝!第2ラウンドへ前進

WBC第1ラウンド2戦目。侍JAPAN(日本)は、中国と対戦。
ブラジル戦で出番のなかった中田が、2回裏に先制タイムリーヒット。5回にも糸井の走者一掃の2ベースで突き放した。一方、投手陣も前田健太が65球の投球制限でも5回を投げ抜いた。その後、内海、涌井、沢村、山口の継投で逃げ切った。しかし、9回の2失点はバッテリーのミスで、それはちょっといただけない。
でも、勝てばいいです。

試合は、5−2で日本が勝ち、2連勝

4日にキューバが中国に勝てば、日本とキューバの第2ラウンド進出が決まる。
キューバが中国に敗れる可能性は限りなく低いと思うけど・・・。

キューバとは、第2ラウンド進出をかけた試合にはしたくないなあ。もちろん関係なく、侍JAPANは勝ちに行くと思うけど。
posted by 新快晴 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(1) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

侍JAPAN、ブラジルに逆転勝利!−WBC第1ラウンド

WBCが福岡・ヤフオクスタジアムで開幕した。3連覇を目指す侍JAPAN。開幕戦はWBC初出場のブラジルと対戦。
ブラジルは、日系人が多く日本のプロ野球や社会人野球でプレーしている選手がいて、準日本チームといった感じか。

それにしても、苦しい試合だった。日本のエース、田中将大、杉内、摂津が捕まり、失点を許す。2−3でリードを許していたが、8回に代打攻勢が的中。代打・阿部の強烈なセカンドゴロで勝ち越し、松田のタイムリーヒットで引き離した。

5−3で日本がブラジルに勝利し、初戦を白星で飾った。

ブラジルが、予想以上に強かったと言うこと。
内容はどうであれ、勝ったので、良かったと思います。

日本からブラジルへの移民が始まったのは1908年。その時の移民がブラジルで野球を伝えて100年。そのブラジルと日本で対戦するというのは、なんだか嬉しい気もします。
posted by 新快晴 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(4) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

WBC日本の優勝、一方韓国は・・・

日本の優勝で感動の幕を閉じたWBC。
その裏で、準優勝に終わった韓国。このことについてちょっと書いてみたい。

日本の優勝をたたえる報道はなく、中島選手が韓国の走塁を膝蹴りで阻止した(実際は、ヘッドスライディングでたまたま当たっただけだが・・・。米国では盗塁でヘッドスライディングは危険とされている)ことが取り上げられ、日本の野球はラフで汚いと酷評している。

相手の優勝を素直に克服できないとは、悲しい民族である。
ただ、実際には日本のネガティブキャンペーン(?)そんなに支持はされていない。

むしろ、なぜイチローを敬遠させなかったのか?とか、采配ミスを追求する声が多い、また、準優勝でも立派という論調も少なくない。

さらに、太極旗(韓国の国旗)をマウンドに立てると、日本に負けるというジンクスが生まれたため、韓国が日本に勝ったとき、太極旗を立てたとき日本人は不快に感じたのはもちろん、韓国人の中には「次ぎ日本に負けるからやめてくれ」と心の中で思っていた人もいたらしい。

もしかしたら、4年後のWBCで韓国が日本に勝ったとしても、あの太極旗のパフォーマンスはしなくなるかもしれない。
全然かまわんけど・・・。

ただ、日本もうかうかしてられないと思う。韓国は研究熱心、練習熱心である。日本の野球を徹底的に研究してくるだろうし、韓国リーグもWBC水準に変えてくるかもしれない。

日本はまだ野球の国際化に関しては不十分である、選手だけでなくファンも。決勝戦で、韓国は一体となった応援があったが、日本はなかったというよりできなかった。それがちょっとうらやましかった。
posted by 新快晴 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(3) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

日本の野球が世界一!WBC2連覇達成!

祝!侍ジャパンの優勝を心よりお祝い申し上げます!

野球の世界一を決めるWBCの決勝戦が、米国ロサンゼルス・ドジャースタジアムで行われた。韓国とこれまで5回目の対戦となった。

日本が先制し、韓国が追い付く展開に。岩隈はホームランによる1失点のみの好投。杉内がリリーフして9回まで3−1。逃げ切れるかと思ったが、抑えのダルビッシュが打たれ同点に追いつかれる。
だが、延長10回表に、イチローが決勝タイムリー。立ち直ったダルビッシュが10回裏を抑えて試合終了。

日本 5−3 韓国

すばらしい!WBC2連覇という快挙!

強い韓国に勝ったことが何よりうれしい!
前回大会では1勝2敗と負け越した相手に、今回は3勝2敗と勝ち越し。これで、さすがに文句なしの優勝でしょう!

日本の野球が韓国のヤーグ(野球)に勝ち、世界一になった。

最高です!

もう一度、

侍ジャパンの優勝おめでとうございます!!
posted by 新快晴 at 19:26| Comment(2) | TrackBack(37) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

侍ジャパン、日米決戦を制し連覇へあと1勝

WBC準決勝第2試合は、日本とアメリカ合衆国の日米決戦となった。前回は、疑惑の”誤審”で敗れた相手。

日本が米国を9−4で下し、決勝進出を決めた。
先発の松坂は先頭打者ホームランを含め2失点を喫するも好投。それに応えるように打線が奮起。4回に連打で一気に5点を挙げて逆転。米国の先発オズワルトをKOした。
その後、杉内、田中、馬原とつないだが、馬原が8回に捕まり2点差まで追い上げられる。
しかし、その裏に今日スタメンの川崎のヒットからイチロー、中島の連打で3点を取り突き放した。
最後は、ダルビッシュで締めて見事な勝利だった。

余談だが、19時からJスポーツでじっくり試合を観戦することにします。

明日はいよいよ決勝戦。
今回5試合目となる韓国戦。

ガンバレ!侍ジャパン!
世界一目指して!!
posted by 新快晴 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(22) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

WBC、日韓戦に勝利!−次は米国戦

WBCで4度目の日韓戦。
日本が6-2で韓国に勝ち、第2ラウンド1位で決勝ラウンドに進出した。
個人的には心配していた先発の内海だったが、1回に1点を失っただけで2回2/3を投げぬいた。その後、小松も危なげのないピッチング。
打線のほうは、内川がソロホームランを放ち、同点に追いつく。打線がつながり6点をもぎ取った。

小笠原、福留をスタメンからはずし、亀井を起用したり、投手リレー調子を見るためにこまめに行ったりと今日は必ずしもベストメンバーで挑んでいなかった気がする。韓国も「投手を温存させた」(負け惜しみにも聞こえるが・・・)と語り、半分真剣勝負、半分調整試合のような感じになってしまった。

それでも、韓国に勝ったことはめでたいし、素直にうれしい!!

村田の負傷退場が心配である。が、彼がいなくても侍ジャパンはやってくれるでしょう。優勝目指して!
栗原が緊急招集されたが、本人もビックリでしょうねぇ。

次は、米国戦。必ず勝って世界一になりましょう!

これまで無敗のベネズエラと対戦したい気がするが・・・。それより日本が米国を倒さないことには話になりませんので、絶対勝ちましょう!
posted by 新快晴 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(13) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

日本、キューバを返り討ち連覇へ前進

WBC第2ラウンド、日本は敗者復活戦でキューバと2度目の対戦。

先発の岩隈が6回を無失点、後続の杉内も3回無失点というすばらしいピッチング。
打線も青木が4安打の大活躍!打線がつながった。

日本がキューバに5−0で勝利!
準決勝進出を決めた。

第2ラウンド1位をかけて、韓国と4たび対戦する。

日本の先発は内海・・・大丈夫だろうか?

ただ、韓国がこれまでのように本気で勝ちに来るかどうか分からないのではという見解もある。
感情的には「打倒日本!日本には絶対負けたくない!」と、多くの韓国人は思っている。しかし、優勝のためには日本戦に全力を尽くすと準決勝が戦えないと危惧する向きがあるらしい。また、1位通過になると準決勝の翌日に決勝戦。2位通過だと、1日休めるという利点があるので、負けてもいいというスタンスになるかもしれない(前回、日本に2勝1敗なのに優勝できなかったこともある)。
しかも、韓国のキム監督は第1ラウンドのコールド負けは、韓国国民の失望・反感を覚悟の上で途中で”捨てゲーム”にしたという”疑惑”もある。
もっとも、日本は準決勝のことは考えないで、韓国戦に絶対勝つつもりで望むとは思う。

もちろん、私も日本の勝利を望んでいます!
posted by 新快晴 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(15) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

WBC日本、韓国に1-4で敗れる

準決勝進出をかけた侍ジャパンは、韓国と対戦。

1−4で韓国に敗れ、敗者復活戦に回ることになった。

完敗だった。
先発のダルビッシュは立ち上がりが今ひとつ。それを逃さなかった韓国に打ち込まれ、3失点。しかし、3失点を喫した後は立ち直り、その後は無失点で抑えた。
だが、日本打線がつながらない。
毎回ランナーを出すが、得点に結びつかない。

負けたことは結果として受け止めて、次のキューバとの再戦にかけるしかない。
これで終わりではない。
厳しい戦いになるかもしれないが、勝って準決勝進出に期待しましょう!
posted by 新快晴 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(7) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

日本、キューバに快勝!三たび韓国戦へ

侍ジャパンが強豪キューバに完封勝ち!

WBC第2ラウンドで、日本はキューバとサンディエゴで対戦。先発の松坂は6回を無四球無失点の好投。一方、キューバのエース・チャプマンは急速こそあるが荒れ玉が多く、2回KO。交代した投手から先制点。打線がつながり、計6得点。これまで当たっていなかった岩村、小笠原にヒットが出て、日本の理想的な試合となった。

そして、不可解なのがキューバの投手継投。先発のチャプマンは50球ちょうどで降板。さらに、8回に岩村の打席途中でマヤからウラシアに交代。マヤはちょうど30球で降板。
なぜ・・・!?

WBCの規定では第2ラウンドでは投球数50球を超えると中4日空けなければならない。30球を超えると中1日。それ以下だと次の試合も投球できる。
つまり、チャプマンはもう第2ラウンドでは投げられないということになる。ついでにマヤも次の試合のリリーフはできない。
まさか・・・誤解しているのか?

いずれにせよ、日本の勝利はめでたいし、すばらしい!

そして、韓国はメキシコに8対2で快勝。

次に、韓国と3度目の対決を迎える。

どんな試合でもいいから、勝って決勝ラウンド出場を決めちゃいましょう!
posted by 新快晴 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(16) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

WBC米国がプエルトリコにコールド負け

WBCの第2ラウンドが米国各地で開幕した。

優勝を狙う米国は、プエルトリコに11対1でコールド負けという大波乱が起きた。

辞退者続出で、ベストメンバーをそろえられなかった米国。この影響が露呈された結果といえる。

同じ組には、ベネズエラ、オランダがいる。ベネズエラには第1ラウンドで敗れている米国。第2ラウンド敗退の影が近づいている。
せっかく、前回ベスト4に進出した日本と韓国、キューバを引き離したのに・・・
でも、まだ分からない。

前回と比べて、結構波乱の多い今大会。
日本はどうなることやら。ただ、キューバに勝てばかなり楽な展開になるような気もします。
posted by 新快晴 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | WBC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする