2016年04月09日

延長でリリーフ陣が打たれ、阪神が広島に敗れる

甲子園2戦目の阪神タイガース−広島東洋カープの試合は6−2でカープが勝ち、きのうの借りを返した。
江越のホームランにより、7回まで2−0でリードしていた。ただ、打線はわずか2安打。それでも、勝てば大きな問題ではなかったのだが・・・。
8回に好投をしていた岩貞が捕まり、1点を返される。そして、交代した福原が打たれ、同点に追いつかれる。
9回に同点ながら、マテオが登板。無失点に抑えたものの、いい当たりを打たれ不安を残した。そして、延長10回に榎田が2失点。交代した金田が3者連続四球で自滅した。

ちょっと嫌な感じの負け方ですね。
ゴメスが途中退場したことが気になりますし、中継ぎ陣に不安を残す試合内容でした。

巨人が引き分けたため、同率ながら首位をキープすることは出来た。
posted by 新快晴 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

9回に逆転勝ちで、タイガース首位浮上

2016年の甲子園開幕試合となった阪神タイガース−広島東洋カープの一戦。
1回にカープが2点先制。その裏に、江越が先発起用に応えてホームラン。
しかし、2回以降はお互いに得点が奪えず、9回まで2−1でリードされていたタイガース。
そして、9回裏、福留ヒットからゴメスが続けてヒット。そして、鳥谷の内野ゴロでカープの悪送球を誘い同点に追いつく。そして、西岡が右中間にヒットを打ち、サヨナラ勝ちを収めた。

いやあ、びっくりしましたなあ。
このまま負けたとしても、幾分あきらめがつく試合だったのだが、それを勝ってしまうのだから。
しかも、気が早いのだが、単独首位になってしまった。
気分がいいですなあ。

明日は、岩貞が先発。
一方、カープは黒田が投げるので、楽な展開にはならないと思うが、楽しみにしてます。


posted by 新快晴 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(2) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

阪神猛打で大勝−東京ドームで巨人に勝ち越し

阪神タイガースが読売ジャイアンツに10−1で大勝し、東京ドームでの3連戦を2勝1敗で勝ち越した。首位の巨人とのゲーム差を0.5に縮めた。
メッセンジャーが8回1失点の好投。
打線も、巨人の先発初登板の平良に3回まで抑えられていたが、4回に打線が爆発。福留と江越のホームランをはじめ、計10得点。

まさに圧勝でした。
今年のタイガース、良い感じですなあ。

posted by 新快晴 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

金本タイガース開幕戦は黒星

金本知憲監督率いる阪神タイガースの開幕戦が京セラドーム大阪で行われた。対戦相手は京セラドーム11連敗中の中日ドラゴンズ。新監督を迎えて初陣を飾りたいところだったが、2−5で敗れた。
タイガースは1回に、新外国人のヘーグが先制タイムリーで先制点を挙げたのだが、2塁を狙ってアウト。4回にも1点を加えたが、他のイニングはチャンスがなかった。
一方、メッセンジャーは1回は3人で抑えたが、2回以降は毎回ランナーを出す展開になった。3回まで粘ったが、4回に捕まり以降毎回1点ずつ小刻みに失点した。

ちょっと嫌な負け方ですね。ドラゴンズの流れのまま試合が終わった感じなので。

開幕戦は落としたけれど、まだ始まったばかり。
明日は勝って五分に戻しましょう。
posted by 新快晴 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

AlphaGoが囲碁世界ランキング2位に

韓国で行われたコンピュータ対人間の囲碁対決。グーグル傘下の企業が開発した囲碁AI・AlphaGoとイ・セドル九段の5番勝負はAlphaGoの4勝1敗に終わった。
それにより、囲碁レーティングサイト「Rating Go」で世界ランキング2位にランクされた。
ちなみに1位は柯潔九段(中国)で、イ・セドル九段は3位。日本の六冠王・井山裕太九段は4位にランクされている。

結果として、コンピュータが人間に勝った訳だが、それで人間を超えたというのはまだ早いと思う。実際、イ九段は1勝返しているし、AlphaGoにも悪手はあったらしい。
ただ、囲碁の考え方は変わるかもしれない。

囲碁は現在、中国と韓国が強く、日本は遅れをとっている。さらに、世界的に急ピッチで普及しており、若い人が中心に広まっている。囲碁は年寄りがやるものというイメージは世界で日本だけ。
これを機に、少しでも関心を持ってくれれば良いなと思う。
posted by 新快晴 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁&将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

囲碁AIに世界トッププロ棋士が一矢報いる

韓国で行われているグーグル傘下の企業が開発した囲碁AI・AlphaGoと世界最強囲碁棋士の一人である韓国人のイ・セドル9段の対戦。これまで3連敗していたイ9段が1勝を挙げ、5連敗を免れた。

これまで、チェスや将棋、もしかしたら中国象棋などの頭脳ゲームは人間と互角以上のコンピュータソフトが開発され、囲碁はまだ人間が優勢とされた。実際、昨年までプロ棋士には互角に戦えず、プロとの対戦はハンデ戦だった。
それが、一気に差が詰まり、人間に追いつくまで至った。

イ・セドル9段は韓国棋院のプロ棋士で、世界タイトルに何度も優勝している強豪。現在はランキング1位ではないが、それでも第一線で活躍している。
他の棋士でも彼に3連勝することはほぼ困難なのに、それをあっさりやり遂げた。
正直、驚いています。
posted by 新快晴 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁&将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

なでしこ、北朝鮮に勝利−五輪逃すも有終の美

女子サッカーのリオデジャネイロ・オリンピック最終予選。なでしこJAPAN(日本女子代表)は北朝鮮に1−0で勝利。通算成績2勝2敗1分け、勝ち点7で3位に終わった。すでに、オリンピック出場を逃しているが、めげることなく最後まで戦った。

佐々木則夫監督は、試合終了後に辞任を表明した。
今回は残念な結果でしたが、ワールドカップ優勝、オリンピック銀メダルという日本の女子サッカー界に大きな功績を残した。

世界トップレベルまでのし上がったのに、ここまで落ちるとは正直予想していなかった。
長期政権によるマンネリ、海外チームの対策、世代交代がうまくいかなかった、選手と監督の不協和音、選手間のもつれなど様々な要因があるが、もう後の祭り。

オリンピックに出場できなかったのは、残念ですが今後の立て直しに期待します。

posted by 新快晴 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

ACL開幕、浦和は快勝。G大阪はドロー

ACL(アジアチャンピオンズリーグ)が開幕した。
23日の結果は、J1リーグ王者のサンフレッチェ広島はホームで、山東魯能(中国)に1−2で逆転負け。
FC東京はアウエーで、全北現代(韓国Kリーグ・クラシック王者)に1−2で敗れた。

24日の結果は、浦和レッズはホームでシドニーFC(オーストラリア)に2−0で快勝。
天皇杯王者のガンバ大阪はアウエーで水原三星に0−0で引き分けに終わった。

浦和は幸先良いスタートを切った。
ガンバ大阪はチャンスはあったが、点を奪えず。それでも、アウエーで勝ち点1を取れたのは悪くないと思う。

他の2チームは、苦しいスタートになった。

次は3月1日と2日。活躍を期待したい。
posted by 新快晴 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

清原和博容疑者逮捕に思う

元プロ野球選手の清原和博容疑者が覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕された。
PL学園から西武ライオンズに入団。リーグ優勝、日本一に何度も達成し、ライオンズの主力選手だった。しかし、
FAで憧れだった巨人に移籍。ある程度活躍したものの2005年に自由契約。その後、オリックスバファローズに移籍し、引退した。

オリックス時代にも覚醒剤疑惑があったのだが、証拠不十分で逮捕には至らず。それでも、疑惑は常につきまとっていた。
急に野球がなくなって、自分でもどうしたら良いのか分からない。そんな気分を紛らわすのが覚醒剤だったのか?あるいは、憧れの巨人から解雇されたのが余程ショックだったのか?

詳細はよく分からないのだが、残念でならないです。
posted by 新快晴 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

青山学院大が完全総合優勝−第92回箱根駅伝

第92回東京箱根間大学駅伝競走(箱根駅伝)、青山学院大学が復路も1位になり、2年連続2回目の総合優勝を果たした。往路、復路全ての区間で一度も首位を明け渡すことのない完全優勝で、他校を圧倒した。

全日本優勝の東洋大学は2位、優勝候補の一角だった駒澤大学は3位。この2校も決して悪いレースではなかったと思うが、青山学院が遙かに上回った。

日本体育大学、順天堂大学、帝京大学がシード権復帰を果たした一方、城西大学、明治大学、大東文化大学がシード権を失った。

このまま青学時代が来るのか?
ただ、あまり強すぎると学生が走れる可能性を求めて、他校へ敬遠してしまうかもしれない。1990年代から2000年前半まで、山梨学院大、神奈川大、駒大など優勝した当時の監督が現在まで続けていても優勝できない例はある。指導だけでなく、有能な学生をどれだけ集められるかにかかっているような気がする。

まあ、数年は続きそうな気はします。

総合成績
1位 青山学院大学
2位 東洋大学
3位 駒澤大学
4位 早稲田大学
5位 東海大学
6位 順天堂大学
7位 日本体育大学
8位 山梨学院大学
9位 中央学院大学
10位 帝京大学 (以上がシード権獲得)
OP 関東学生連合
11位 日本大学
12位 城西大学
13位 神奈川大学
14位 明治大学
15位 中央大学
16位 拓殖大学
17位 東京国際大学
18位 大東文化大学
19位 法政大学
20位 上武大学
posted by 新快晴 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。