2016年04月19日

タイガース連敗3で止める−ヘイグが登録抹消

3連敗中の阪神タイガースが、東京ヤクルトスワローズに8−4で勝ち、連敗を3で止めた。
ヘイグが登録抹消されたことで、さーど争いが熾烈になり、この日は陽川がスタメンになった。そして、1軍に登録されたドリスが9回に登場。きっちり締めた。
藤浪投手の調子がいまいちだったが、5回まで何とか同点に抑えた。そして、8回に打線が爆発し、4得点を挙げた。

今日は良い形で勝てました。
次は、プロ初登板の守屋が先発。思い切り投げてもらいたいですね。
posted by 新快晴 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

藤川乱調、7失点で敗戦投手−タイガース首位陥落

甲子園での阪神タイガース−広島東洋カープの3連戦の3戦目は、8−7でカープが勝ち、2勝1敗で広島が勝ち越した。タイガースは連敗で首位転落となった。
先発の藤川球児は1回に2失点、その後なんとか粘るも5回に捕まり、7失点で降板。日本球界復帰後初黒星となった。
そして、ヘイグとゴメスがスタメンからはずれ、助っ人外国人不在で望んだ。
それでも、カープの先発・福井から4得点、9回裏にも3点を返したが及ばなかった。

惜しかったですが、やはり大量失点が痛かった。

でも、最後まで楽しませてくれたのが、せめてもの救いです。

posted by 新快晴 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(2) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

延長でリリーフ陣が打たれ、阪神が広島に敗れる

甲子園2戦目の阪神タイガース−広島東洋カープの試合は6−2でカープが勝ち、きのうの借りを返した。
江越のホームランにより、7回まで2−0でリードしていた。ただ、打線はわずか2安打。それでも、勝てば大きな問題ではなかったのだが・・・。
8回に好投をしていた岩貞が捕まり、1点を返される。そして、交代した福原が打たれ、同点に追いつかれる。
9回に同点ながら、マテオが登板。無失点に抑えたものの、いい当たりを打たれ不安を残した。そして、延長10回に榎田が2失点。交代した金田が3者連続四球で自滅した。

ちょっと嫌な感じの負け方ですね。
ゴメスが途中退場したことが気になりますし、中継ぎ陣に不安を残す試合内容でした。

巨人が引き分けたため、同率ながら首位をキープすることは出来た。
posted by 新快晴 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

9回に逆転勝ちで、タイガース首位浮上

2016年の甲子園開幕試合となった阪神タイガース−広島東洋カープの一戦。
1回にカープが2点先制。その裏に、江越が先発起用に応えてホームラン。
しかし、2回以降はお互いに得点が奪えず、9回まで2−1でリードされていたタイガース。
そして、9回裏、福留ヒットからゴメスが続けてヒット。そして、鳥谷の内野ゴロでカープの悪送球を誘い同点に追いつく。そして、西岡が右中間にヒットを打ち、サヨナラ勝ちを収めた。

いやあ、びっくりしましたなあ。
このまま負けたとしても、幾分あきらめがつく試合だったのだが、それを勝ってしまうのだから。
しかも、気が早いのだが、単独首位になってしまった。
気分がいいですなあ。

明日は、岩貞が先発。
一方、カープは黒田が投げるので、楽な展開にはならないと思うが、楽しみにしてます。


posted by 新快晴 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(2) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

阪神猛打で大勝−東京ドームで巨人に勝ち越し

阪神タイガースが読売ジャイアンツに10−1で大勝し、東京ドームでの3連戦を2勝1敗で勝ち越した。首位の巨人とのゲーム差を0.5に縮めた。
メッセンジャーが8回1失点の好投。
打線も、巨人の先発初登板の平良に3回まで抑えられていたが、4回に打線が爆発。福留と江越のホームランをはじめ、計10得点。

まさに圧勝でした。
今年のタイガース、良い感じですなあ。

posted by 新快晴 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

金本タイガース開幕戦は黒星

金本知憲監督率いる阪神タイガースの開幕戦が京セラドーム大阪で行われた。対戦相手は京セラドーム11連敗中の中日ドラゴンズ。新監督を迎えて初陣を飾りたいところだったが、2−5で敗れた。
タイガースは1回に、新外国人のヘーグが先制タイムリーで先制点を挙げたのだが、2塁を狙ってアウト。4回にも1点を加えたが、他のイニングはチャンスがなかった。
一方、メッセンジャーは1回は3人で抑えたが、2回以降は毎回ランナーを出す展開になった。3回まで粘ったが、4回に捕まり以降毎回1点ずつ小刻みに失点した。

ちょっと嫌な負け方ですね。ドラゴンズの流れのまま試合が終わった感じなので。

開幕戦は落としたけれど、まだ始まったばかり。
明日は勝って五分に戻しましょう。
posted by 新快晴 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

AlphaGoが囲碁世界ランキング2位に

韓国で行われたコンピュータ対人間の囲碁対決。グーグル傘下の企業が開発した囲碁AI・AlphaGoとイ・セドル九段の5番勝負はAlphaGoの4勝1敗に終わった。
それにより、囲碁レーティングサイト「Rating Go」で世界ランキング2位にランクされた。
ちなみに1位は柯潔九段(中国)で、イ・セドル九段は3位。日本の六冠王・井山裕太九段は4位にランクされている。

結果として、コンピュータが人間に勝った訳だが、それで人間を超えたというのはまだ早いと思う。実際、イ九段は1勝返しているし、AlphaGoにも悪手はあったらしい。
ただ、囲碁の考え方は変わるかもしれない。

囲碁は現在、中国と韓国が強く、日本は遅れをとっている。さらに、世界的に急ピッチで普及しており、若い人が中心に広まっている。囲碁は年寄りがやるものというイメージは世界で日本だけ。
これを機に、少しでも関心を持ってくれれば良いなと思う。
posted by 新快晴 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁&将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

囲碁AIに世界トッププロ棋士が一矢報いる

韓国で行われているグーグル傘下の企業が開発した囲碁AI・AlphaGoと世界最強囲碁棋士の一人である韓国人のイ・セドル9段の対戦。これまで3連敗していたイ9段が1勝を挙げ、5連敗を免れた。

これまで、チェスや将棋、もしかしたら中国象棋などの頭脳ゲームは人間と互角以上のコンピュータソフトが開発され、囲碁はまだ人間が優勢とされた。実際、昨年までプロ棋士には互角に戦えず、プロとの対戦はハンデ戦だった。
それが、一気に差が詰まり、人間に追いつくまで至った。

イ・セドル9段は韓国棋院のプロ棋士で、世界タイトルに何度も優勝している強豪。現在はランキング1位ではないが、それでも第一線で活躍している。
他の棋士でも彼に3連勝することはほぼ困難なのに、それをあっさりやり遂げた。
正直、驚いています。
posted by 新快晴 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁&将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

なでしこ、北朝鮮に勝利−五輪逃すも有終の美

女子サッカーのリオデジャネイロ・オリンピック最終予選。なでしこJAPAN(日本女子代表)は北朝鮮に1−0で勝利。通算成績2勝2敗1分け、勝ち点7で3位に終わった。すでに、オリンピック出場を逃しているが、めげることなく最後まで戦った。

佐々木則夫監督は、試合終了後に辞任を表明した。
今回は残念な結果でしたが、ワールドカップ優勝、オリンピック銀メダルという日本の女子サッカー界に大きな功績を残した。

世界トップレベルまでのし上がったのに、ここまで落ちるとは正直予想していなかった。
長期政権によるマンネリ、海外チームの対策、世代交代がうまくいかなかった、選手と監督の不協和音、選手間のもつれなど様々な要因があるが、もう後の祭り。

オリンピックに出場できなかったのは、残念ですが今後の立て直しに期待します。

posted by 新快晴 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ&サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

ACL開幕、浦和は快勝。G大阪はドロー

ACL(アジアチャンピオンズリーグ)が開幕した。
23日の結果は、J1リーグ王者のサンフレッチェ広島はホームで、山東魯能(中国)に1−2で逆転負け。
FC東京はアウエーで、全北現代(韓国Kリーグ・クラシック王者)に1−2で敗れた。

24日の結果は、浦和レッズはホームでシドニーFC(オーストラリア)に2−0で快勝。
天皇杯王者のガンバ大阪はアウエーで水原三星に0−0で引き分けに終わった。

浦和は幸先良いスタートを切った。
ガンバ大阪はチャンスはあったが、点を奪えず。それでも、アウエーで勝ち点1を取れたのは悪くないと思う。

他の2チームは、苦しいスタートになった。

次は3月1日と2日。活躍を期待したい。
posted by 新快晴 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバ大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。