2014年10月29日

ホークスがサヨナラ勝ちで、優勝へあと1勝

日本シリーズ第4戦。福岡ソフトバンクホークスが阪神タイガースに5−2で勝ち、対戦成績を3勝1敗として、優勝に王手をかけた。
1回にホークスが2点先制したが、3回にタイガースが同点に追いついた。その後は、投手戦となり、点が入らなかった。
お互いにチャンスはあったのだが、点を取り損なっている展開だった。
シリーズ初の延長戦に入り、10回表にホークスの守護神・サファテを攻めタイガースが1アウト2塁のチャンスを掴む。そして、鳥谷がヒットを放つが、2塁ランナーの西岡がホームに帰れなかった。4番のゴメスにチャンスが巡ってきたが、ダブルプレーに終わった。
10回裏、9回に引き続き安藤が投げたが、1アウト1,2塁のピンチを招く。ここで、タイガースも守護神・呉昇桓が登板。2アウト後、中村晃に3ランホームランを浴びて、サヨナラ負け。

呉昇桓が打たれたのなら仕方がないのだが、得点圏に点を奪えなかったのが痛い。
互角の戦いだっただけに、サファテを攻略しかけていただけに、この負けは痛い。

結果的に、タイガースは追い込まれたわけだが、内容自体は悪いとは思わない。ただ、CSシリーズの巨人戦とは勝手が違い、ホークスは投手力が格段に違う。

カド番に追い込まれ、もう後がなくなったタイガース。
でも、まだ終わっていない。
絶対勝って、甲子園に戻りましょう。
posted by 新快晴 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

ホークスが勝ち、2勝1敗に。タイガース打線は大隣の前に沈黙

福岡・ヤフオク!ドームに舞台を移しての日本シリーズ第3戦。福岡ソフトバンクホークスが阪神タイガースに5−1で勝ち、対戦成績をホークスの2勝1敗とした。
タイガースの先発・藤浪は1回に先制点を許した。その後もなんとか粘っていたが、見方のミスもあって6回途中2失点。そして、後続の投手が打たれ、6回で5失点。
一方、
ホークスの大隣は冴え渡り、タイガース打線をわずか3安打に抑える。五十嵐−サファテの継投だったが、タイガースも最終回は意地を見せて1点を返した。

まあ、日本シリーズということと、ホークスの充実した投手陣相手に、そんなに点が取れるとは思っていないが、打線が湿りがち。ゴメスが抑えられているのが痛い。
9回に1点を返したので、調子は悪くないと思う。
ただ、こうもいいピッチャーが出てくると、厳しいかもしれないですね。

明日は、ホークスは中田。タイガースは岩田が先発。
とりあえず、明日頑張りましょう!

posted by 新快晴 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(3) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

ホークスが勝ち1勝1敗のタイに

日本シリーズ第2戦。福岡ソフトバンクホークス阪神タイガースに2−1で勝ち、1勝1敗のタイになった。
タイガースの能見は、1回にいきなり1失点を喫した。4回には、4番のイ・デホにソロホームランを喫した。しかし、6回まで2失点で食い止めた。もっと失点するのではないかと思っていたので、良く投げたと思う。
ホークスの武田が6回2アウトまで、タイガース打線をパーフェクト。完全試合達成かと思われたが、能見の代打・狩野がヒット。そして、西岡も2ベースヒットを放ち、狩野がホームに返り、1点を返す。しかし、その後はヒットは出るものの、ホークスの継投に抑えられた。

タイガースは負けましたけど、悲観するほどの試合内容ではなかったと思う。
武田が素晴らしかった。セ・リーグにはいないタイプの投手だったようで、やりにくかったように見えた。それでも1点取れたので、結果的には接戦に持ち込んだと思う。
また、高宮、安藤、松田の中継ぎ陣が良かったし、ルーキーの梅野捕手が日本シリーズデビューを果たしたのは収穫だったと思う。

もっとも、ホークス相手に4勝0敗で、タイガースが優勝できるとは思っていないので今回の負けは気にしていない。

第3戦は福岡・ヤフオクスタジアム。
DH制を導入することになるが、タイガースは誰をDHにするか注目。

少なくとも、甲子園に帰ってきてください。
くれぐれも、福岡で終わることのないように。


posted by 新快晴 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(2) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

タイガース先勝!ゴメス&マートンで5打点

日本シリーズが甲子園球場で開幕した。阪神タイガースの先発はメッセンジャー。福岡ソフトバンクホークスの先発は昨年までタイガースにいたスタンリッジ。史上初の外国人投手同士の対戦となった。
投手戦となると思われたが、4回にゴメスが先制タームリーヒット。そして、5回に大和のヒットから、メッセンジャーがスリーバントを決めて、2塁にランナーを進める。その後満塁になり、再びゴメスがタイムリー2塁打で2点追加。さらにマートンも続いてタイムリー2塁打で2点。ホークスのスタンリッジを引きずり下ろした。さらに、福留がタイムリーで1点追加。投手戦の様相を示していた試合展開で6点は大きかった。
メッセンジャーは、5回まで無得点。6回に1アウト満塁のピンチを迎えたが、4番イ・デホの犠牲フライの1点にとどめた。
これが試合の分岐点だったと思う。
メッセンジャーは7回2失点で降板。8回に福原、9回にオ・スンファンがきっちり抑えた。

6−2で阪神タイガース福岡ソフトバンクホークスを下し、幸先良いスタートを切った。

クリーンアップの差+6番打者の差が勝敗を分けたような気がします。
ファンでなくとも、リーグ最多安打のホークス・中村晃の不振が気になります。

タイガースの良いところばかりでた試合だったが、まだ始まったばかり。

和田監督は、「常に初戦のつもり」「明日勝って5分」と言うことなので、ファンが心配するほどではないと思う。
明日も勝って、2連勝で福岡へ乗り込みたいですね。
posted by 新快晴 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(4) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

ドラフト会議、タイガースは5人指名

日本シリーズの2日前の23日。ドラフト会議が行われた。
阪神タイガースは、5人を指名した。育成選手の指名はなかった。
5人という人数は、12球団で最小であった。

1位指名が競合し、抽選で2度も外したものの、結果的に悪くないと思う。
はずれ1位でも、昨年の岩貞のようにプロ初勝利の例もあるし、あとは個人の練習次第ですね。

ちなみに、タイガースも指名した有原航平(早稲田大)は4球団の競合の末、北海道日本ハムファイターズが交渉権を得た。
また、高校生期待の安樂智大(済美)は2球団の競合の末、楽天イーグルスが交渉権を得た。

さらに、京都大学初のプロ野球選手かと注目された田中栄祐(京大)は千葉ロッテマリーンズが2位指名した。

昨年入団したドラフト指名選手で、岩貞、梅野、岩崎が一軍デビューした。
今年入団する新人にも早く1軍でプレーできるように頑張ってください。

阪神タイガースが指名した選手
1位 横山 雄哉 投手(新日鉄住金鹿島)
2位 石崎  剛 投手(新日鉄住金鹿島)
3位 江越 大賀 内野手(駒大)
4位 守屋 功輝 投手(Honda鈴鹿)
5位 植田 海 内野手(近江)

posted by 新快晴 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

ホークスが、CS最終戦で日本シリーズ進出決める。

パ・リーグのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第6戦。福岡ソフトバンクホークスが、北海道日本ハムファイターズを4−1で下した。通算成績4勝(1勝アドバンテージ含む)3敗で、クライマックスシリーズ優勝を果たした。

ファイターズも9回に粘ったのだが、あと一歩及ばなかった。
でも、3位のチームが、最終戦まで戦ったのはすごいと思います。最終船まで行っただけでも、十分盛り上げてくれたと思います。
どっちが勝ってもおかしくなかったですね。

セ・リーグと違い、こちらは試合が終わればノーサイド。今年で勇退するホークスの秋山監督の胴上げ。その後、両軍から今年引退するファイターズの稲葉、金子両選手の胴上げ。最後は感動的でした。

これで、日本シリーズは阪神タイガース−福岡ソフトバンクホークスの対戦となる。
両者の対戦は2003年に、当時の福岡ダイエーホークスが4勝3敗で日本一になって以来となる。
タイガースにとっては、雪辱となるシリーズとなる。

タイガースはリーグ2位。ホークスはリーグ1位。
普通に考えれば、負けて元々。
それでも、巨人の4連戦のようにはいかないかもしれないが、日本一を期待します。

25日からの甲子園での日本シリーズが今から楽しみです。

posted by 新快晴 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月18日

タイガース4連勝で、2005年以来の日本シリーズ進出!


クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第4戦。1回から阪神打線が、巨人の先発・小山に襲いかかった。マートンが3ランホームランで先制し、続く福留がソロホームランで4点。2回にも西岡の2ランで、突き放す。
しかし、能見も2回裏に亀井にソロホームランを打たれる。巨人にも得点圏に出しながら、得点は2点のみ。それが響いた。

7回に、ゴメスがタイムリーで2点を加え突き放す。
タイガースは、6回以降、能見から安藤、松田、福原と1イニング毎につなぎ、9回には点差はあったがオ・スンファンが登板。しかし、ソロホームラン2発を撃たれた。それでも、後続を抑えた。
連投の影響があったかもしれないが、6点差もあって緊迫した場面ではなかったので、普段と感覚が違ったのかな。

阪神タイガースが8−4で読売ジャイアンツを下し4連勝(巨人のアドバンテージ1勝)で、日本シリーズ進出を決めた。

過去に4連勝で決めた例はあるが、いずれも1位のチームで、2位のチームが決めたのは初めて。

クライマックスシリーズのMVPは6連投をしたオ・スンファン。まあ、妥当だと思う。3イニングってのもあったし、最後は打たれたとはいえ、それまで無失点で抑えたのだから、貢献度は大きいと思う。
巨人戦だけ見ればゴメスだったと思うが、広島戦を含めるとわずかに届かなかったかもしれない。

和田監督の胴上げや祝勝会はなし。
これは日本一になってからということで、良いと思います。

タイガースが突破するには4連勝、最低でも1杯と思っていたがほんとうにやってくれるとは!
おめでとうございます。
万歳!万歳!万歳!

日本シリーズ楽しみにしてます。
posted by 新快晴 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(7) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月17日

タイガース3連勝!CS突破へあと1勝

阪神タイガースが、読売ジャイアンツに4−2で勝ち、3連勝。クライマックスシリーズ制覇まで、あと1勝となった。
メッセンジャーと杉内の先発で始まった。先制したのはジャイアンツ。少なくとも5回まではジャイアンツペースだったと思う。
2−0でジャイアンツのリードで迎えた6回に、ゴメスのタイムリーで1点を返す。さらに、福留が同点になるタイムリーを放つ。
そして、7回にゴメスが勝ち越し2点タイムリー。昨日、ノーヒットだった4番が覚醒した。

タイガースは高宮、安藤、松田とつないだ。松田投手の時はボール球ばかりでひやりとしたが、一応2アウトは取った。そこからオ・スンファンが登板し、イニングまたぎで締めた。

もちろんタイガースが有利になったのは間違いないのだけれど、まだ安心できない。
ジャイアンツは、過去に、クライマックシリーズでも日本シリーズでも連敗後に連勝で優勝の実績がある。

もう、4連勝で決めちゃいましょう!

posted by 新快晴 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(6) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

タイガース連勝!

クライマックスシリーズ・ファイナルステージ第2戦。阪神タイガースが5−2で読売ジャイアンツを下し、2連勝。
タイガース打線は、3回に岩田投手がファーボールで出塁。これをきっかけに打線がつながり、上本のタイムリーで先制。さらに、鳥谷のタイムリーで2点目。
5回には、ジャイアンツの澤村が危険球による退場。これを機に、タイガース打線が奮起し、3点追加。
7回に、ジャイアンツは井端の2ランで2点を返す。しかし、ここで岩田が踏ん張り、追加点を許さない。

8回から、福原−高宮−オ・スンファンの継投で逃げ切った。
これでタイガースは2連勝。

後半に、なかなか追加点を奪えないのが課題ではあるが、タイガースペースには違いない。

もう、一気に4連勝で決めたいですね。
もつれると、東京ドームの利を活かしたジャイアンツが有利になると思うので。

まだ安心は出来ないです。
posted by 新快晴 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(4) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

CS、阪神が巨人を4−1で勝利し、1勝1敗タイに

クライマックスシリーズ・ファイナルステージが開幕した。東京ドームで、阪神タイガース読売ジャイアンツに4−1で勝利。巨人が1位のアドバンテージの1勝を含め、対戦成績は1勝1敗のタイになった。

タイガースは、1回に鳥谷のタイムリーで先制。そして、ゴメスの2ランで3点を上げた。3回にもゴメスのタイムリーヒットで追加点。
一方、藤浪は6回まで無得点に抑えていたが、7回に阿部のソロホームランで1点を返される。さらに、無死満塁のピンチを迎えた。それでも、ベンチは藤浪の続投を選択。その期待に応え、追加点を許さなかった。

ここが一番の分岐点だったと思う。この試合だけなら、交代もあり得たかもしれないが、藤浪で勝てなかったらクライマックスシリーズは終わりだと思うし、交代して負けるようなことがあれば、一気に流れが巨人に行ったと思う。
結果的に良かったが、思えば危険な賭ではあった。

タイガースが勝ったけど、喜ぶのはまだ早い。
やっと1勝1敗になっただけなので、明日勝って初めて有利に立てるのだから。

posted by 新快晴 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(7) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする